--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.12.21 21:07

いよいよ旅行もラスト
夕方18時の便にて帰国します

一応14時すぎまでは自由行動なので今日はオルセー美術館へ

ホテルからは近いはずなのに電車に乗るとなぜか遠い・・・とかいう摩訶不思議
2008_12182008pari0159.jpg

オルセー最寄りの路線は郊外にもつながっている路線なんですね
なので2階建て
反対方面に乗ればヴェルサイユ宮殿まで行けちゃいます

オルセー美術館は近世印象派の画家たちの作品が主
今まで宗教画がどっちかというと見物のメインだったのでなんか新鮮

絵を見るのは好きなのでじっくり鑑賞
ミレーやモネ、ピカソ、セザンヌなどがありました
他にも彫刻なんかも置いてあります
美術館では模写をする方や学校の授業で来ていると主わしきちびっこたちなどにぎやか
小さい頃から本物の絵画をこれだけ目にする機会に恵まれているパリの子供たちがうらやましいです

風景画、静物画が好きなのでモネの絵などをじっくり鑑賞しました
油絵のタッチかなり好きです

2008_12182008pari0163.jpg
(当時は駅舎だったオルセーのおっきな時計と白クマを一緒に)

お昼近くまでずぅっといてその後はオペラ近くの日本人街へ
このあたりには日本食レストランや日本の企業の支店など懐かしい感じにたくさん出会えます
何気にジュンク堂だってあるんですよ

久しぶりのお米(白米)に感動
焼き鮭おいしかった♪
日本食もパリの人たちにとっては普通なのか地元のお客さんも実は多いです

下はラーメン屋に並ぶパリの人々
たぶん人気なんでしょう、このお店
ここだけすごい行列
2008_12182008pari0166.jpg
フランス人向けのラーメンは塩味がきついらしいです

お腹もいっぱい久しぶりの日本食に大満足してお店をでて次はジュンク堂へ

日本の雑誌や漫画、文庫がたくさん
パリにも日本人は多いですからね
ブックオフだってパリにはあります

地下のMANGAコーナーにはフランス人オタクの方たちもいました
スクリーントーンを手に持っていたということは、こっちの人たちも同人活動なんかしてるのかな?とか思ったり
フランス語に訳された日本漫画をいろいろ見物しました~

そんなこんなで自由時間もあっという間に終わってさらばパリ

2008_12182008pari0170.jpg
最後にバスの中から一枚・・・・
過ぎ去っていくパリ・・・悲しすぎる

空港へ向かうバスが切なくて・・・・
またすぐに行きたいっていう思いばかりが募ります

そんなかんじで帰りは夜便
しかも奮発してプレミアムエコノミー
もともと夜だし眠いしとばかりにガン寝しすっきり日本到着しました

ちなみに今日はお土産を配り歩いてきました

次もまた絶対にヨーロッパは行きたいです
絶対行きます


それでは今までブログの趣旨とは正反対に突っ走った旅行記にお付き合いいただきありがとうございました
スポンサーサイト

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.21 21:07

今日は一日自由行動っ

ツアーといえどこれがなくっちゃ
というわけで今回のパリ目的はスィーツ

まずは朝ごはん
一応高級ホテルなのでブレックファーストにも期待大
フランスに来たらクロワッサン
バターの風味たっぷりでおいしかったです
フランスパンも美味しい
長いパンは自分のほしい分だけ自分で切ってお皿にとります

お腹も満たされていよいよお買いもの
とりあえずせっかくなのでヴィトン本店へ

今回2年ぶりのパリだったのでちょっと余裕ぶっていたのね
そしたらやられました
地下鉄の券売機がなんか変わってる・・・・
あっれぇ・・?な感じでうろちょろ

そしたら親切なパリジェンヌが買い方を説明してくれました

ありがとうっ!
旅先での親切、身にしみます
ようやっと切符を手にいれ地下鉄へ
パリの地下鉄も大体日本と一緒

ただし扉が手動なところもちらほら・・

あと音楽弾いている人が構内や電車内にいたり
乗り換えは日本の地下鉄張りにわかりやすいです

乗ったらあとは降りるだけ
パリ本店ヴィトンへ
店内は朝早くから何気ににぎわってます
さすがは本店
お財布見ようかなぁとか思っていたら向こうから話しかけてきました
フランス人がバリバリの日本語で
超うまい
研修で一緒にいますと紹介してくれた新人のお兄さんがめちゃカッコよかった
なのに何も買わずにでてきてごめんなさい
さんざん財布を見せてもらって気にいるのがなかったので買わずに終了・・・

ヴィトンをでて同じ通りにあるラデュレへ
ここはマカロンが有名ってことで一度買いたかったの
箱で値段が決まってるみたいなのであとは気になったマカロンを選ぶだけ
フランス語なんか何一つわからなくたって大丈夫

人間気合いとちょっとの英語でどうにかなるものです

この旅行中ドイツ語もフラ語もつかってません
旅に必要なのは度胸とハッタリ、とか勝手に思ってます


2008_12182008pari0151.jpg
↑ラデュレです。カフェ併設なのですが外観からしてとってもかわいい

マカロンを変えて至極満足っ

せっかくなので地元のスーパーへ
お土産物を物色

同じ銘柄のお菓子だってお土産物屋で買うよりずっとか安いし、いろんな珍しいお菓子も売っているので何気にスーパーは侮れない

日用品に交じって日本の漫画発見★
ナルトとかシュガシュガルーンとか売ってた

フランスでも漫画はMANGAとして売られてます

食品コーナーをみてたら袋に大量に詰められたエスカルゴ発見
フランス人も日常的に食べるみたいですね
野菜とかは量り売りだったり、見たことない銘柄の食品がたくさん並んでるので外国のスーパーは面白いです

さんざん見てまわって、ヴァンドーム広場へ移動

アクセのお店だらけです
ここで買い物をして、次は近くにあるジャンポールエヴァンへ
日本でも有名かな?
チョコレート屋さんです
ただし日本だと激高ですが

値段比較はしてないけど、たぶんパリのが幾分は安いし、小分けで売っているのではないかと
前回もここで買っていっておいしかったので今回も

しかも今回は日本人の店員さんがいらしたので安心していろいろ質問
やっぱ同じ国の言葉が聞けるって嬉しい

ここでもマカロンほしかったけど日持ちしないし、別のところでも買いたいしーで断念

その後ロクシタンでいろいろ買いこんだあとマドレーヌまで移動して適当なカフェでランチ
時間押してたしカフェを選んでる余裕なんてなかった

パンにもそろそろ飽きたし、重たいものは食べたくないなぁとかおもってメニューを物色
トーストかあ・・これなら重くないだろう
フレンチフライもついてくるしとか思ってチーズトースト(一番シンプルだった)を頼みました

そしたら・・・・

そこはフランス

でてきたよ、すっごいのが
トースト三枚重ね、ご丁寧に一枚一枚にチーズと(たぶんマヨネーズ系のソース?)が焼いて挟まれたすごいのが
軽く呆然・・・
そのうえ付け合わせでフランスパン(かごに盛られたバゲット)

呆然としてると店員が「パン、パン」とか口ずさんで去って行った・・・
冗談言ってる場合かーーーーとか内心突っ込んでみる

フランスありえない・・・

まさかのパン重ねを見せつけられつつ、一度ホテルに戻って荷物置いて次はサンジェルマン地区へ
地下鉄上がったらすぐにサンジェルマン・デ・プレ教会で近くには即席クリスマス市がありました
クリスマス市といってもドイツのそれよりかはライトな感じ

売ってるものもバラエティ豊かでクレープなんかもありました
せっかくなのでバターアンドシュガーを買ってみた

ここでの目的はピエールエルメのマカロン

地図を頼りにマッピングして、なんと今回は一発でたどり着けました

ちょっとは旅慣れてきたかな?方向音痴な私と自画自賛してみる
ピエールエルメも店内はにぎわってました
ここもラデュレと同じ方式でマカロンを購入
あとマロングラッセも

普段よく遊びに行っているパリブログさんでマロングラッセとここのマカロンを絶賛していたので絶対に来たかった

ピエールエルメのマカロンは個性的なフレーバーが多いかな
何気に抹茶なんかもあったりして

ここでもさんざん迷って購入

日持ちしないのでホテル帰って早速パクリ

やっぱい!美味しいっ
チョコレート、濃厚っ
抹茶も美味しいし、パッションフルーツ&チョコも酸味がきいていて最高っ

どれも超おいしいっ

幸せなひと時でした

ちなみ今はラデュレを攻略中
どっちかというとピエールエルメの方が肉厚かな・・?


そんなこんなでお買いもの三昧な一日なのでした


さてさて、そんなお買いもの三昧な一日だったのですが思わぬハプニングが

なんと帰り乗っていた電車が止まってしまった!!
いきなりアナウンスが聞こえてきてみんな一様にガッカリ顔・・・
フランス語で早口なアナウンスなんかわかるはずもなく
マジー・・・な状態・・・
まあ、まだ線路走ってるときじゃなくってよかった
さすがにそれだったら軽く恐怖だったしね

なんとか一駅先の乗り換えのある駅までは一度行ってくれて、その後駅員さんが乗客を押し出してました。
状況から絶望的と判断し一度降りる・・・と、なんと電車が動き出した!
って動いたじゃーんっ!怒るもよぉく見ると・・なんと逆走
折り返しってことですか・・・

そっか、よかった降りて
しかもその電車またすぐにこっちの駅に帰ってきたし

なんだかなぁ・・・
よくわからない

そんなプチハプニングがありましたとさ


2008_12182008pari0158.jpg
(ラファイエットの中。吹き抜けにツリーがめちゃきれい)

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : パリ 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.21 18:53

今日はパリへ移動の日
朝も早くから身支度です

朝わたわたしたくなかったから前日買っておいたパンで素早く朝食
一応ホテルのブレックファーストでもよかったんだけど時間30分しかなかったしあわただしいのはいやだったから部屋で食べちゃいました。

ドイツのパン屋さんめっちゃ安かった
でも美味しい

さすがはパン文化のヨーロッパ圏

さてバスに乗り込み一路空港へ
ユーロ圏内は国内移動と大して変わらないようで出国手続きとかは超簡単

ただし手荷物検査は超厳しい

コートを脱ぐのは当たり前で、ブーツも脱がなきゃいけない
デニムの金属にもガンガン反応するからみんな超厳しい身体チェックを受けてました
私はニットとスカートにパンプスだったのでらくらく通過でした

やっと出発~とか思っていたら濃霧で飛行機が遅れてるらしく空港で待ちぼうけ

空港内のお店をめぐってました

書店があったのでふらふらとはいる

日本の漫画売ってないかなぁ~とか思って探していたらアニメ漫画の情報誌はありました

もちろんドイツ語
どれどれ・・・とかパラパラめくっていると・・・ドイツ人(たぶん)のコスプレ写真がドーンと飛び込んできた

すごいね~、セラムンの10戦士が勢ぞろい
うぉっ、セラムンだ!とちょっとテンションが上がる

その他のページでは最新アニメの紹介かな
スレイヤーズRとかロミジュリとかいろいろと
ドイツ語なのでわからず

次に少女マンガの紹介
おもに集英社、りぼん系の漫画が紹介されてました(愛してるぜベイベとか)
主人公の名前とかそのまま日本語で、出版されているのは飛行機で12時間飛ばなきゃこれない遠いドイツ
なにか感慨深いなぁ

そんで見開きでおっきく純情ロマンチカが特集されてました

ああーー、ドイツの人もBL読むんだねー・・・・とちょっと遠い目・・・
日本のおたく文化が大人気なのは知っているのですが、ドイツでもBLはあるんですね
(すみません、私はどっちかというとノーマルCP推奨なもので)
最後は読者のイラストコーナーでした

書店でテンション高めつつ音楽を聴いて飛行機待つこと30,40分
やっと飛行機が到着したらしく、折り返しに乗れました
小さい飛行機のせいかちょっと揺れ・・・・
まあ今回は2時間も乗ってないしで、パリに到着

パリーーーー

ついたー
うわっ寒っ!!

時間も押しているのでパリのガイドさんと合流して急ぎ昼食へ

パリはなにやらガイドさん規制があるらしく、パリでのライセンスを持ったガイドさんしかガイドをしちゃいけないんですね
なのでパリでは男性のガイドさんが一緒でした

ちなみに同行した添乗員さんは過去パリで3回くらい違反キップを切られているそうです
(3人くらい連れてルーヴル回っただけでもだめらしい・・・)

お腹も大合唱しつつ着いたレストランでやっと昼食

本日のメインはエスカルゴです
2008_12182008pari0113.jpg


別名、カタツムリ★
食の都フランス、とりあえずどのツアーでも必ずと言っていいほどエスカルゴを取り入れています
専用のお皿にカタツムリが載ってきて、専用のはさむスプーンみたいなのではさんで中をくりだして食べます
味は普通においしい
バジルバターが塗ってあるので風味も気になりません
2008_12182008pari0114.jpg


フランスは本当にいろんなものを食べる国なのでレストランのメニューがすごいです

昼食の後はバスで市内観光へ

まずはモンマルトルの丘へ

2008_12182008pari0116.jpg

階段を上ったらサクレ・クール大聖堂がドーンと建ってます
観光地だからかあやしげな人がミサンガ片手に近寄ってきました

こういうかた達はどこの国にもいます
油断してると勝手にミサンガをつけて、料金をふっかけてきますのでシカトが一番です

2008_12182008pari0120.jpg

このあたりは芸術家のみさなんが愛したところということで、大道芸をする方もちらほら
銅像にふんした方とか
ガイドさん曰く、「ほらあそこにルーヴル美術館に入りそこなった彫刻がいますよ」
とのことでした

2008_12182008pari0121.jpg

テルトル広場には今でも絵描きさんが集まってきて即席のお店を開いてます
パリの風景が描かれた油絵は一見の価値ありです
ほかにも似顔絵屋さんもたくさん

ただこの寒空モデルになるにはかなりの忍耐が必要とのこと
そりゃそうだ、歩いていても寒いもん

2008_12182008pari0126.jpg

丘を下りて次はバスで市内観光
ルーヴル美術館にノートルダム寺院などパリの見どころを車窓から見学

パリには一度来ているので一通りはまわってます
パリの魅力はやはり街並み

景観を大切にしているので4,5階建てのアパートが連なっている様は圧巻です
とっても優美でエレガント、街路樹とも相まって本当に大好き
今いちばん住みたい街No1なところ

一階部分はほとんどが商店でやはりそこは現代な装いですけど一歩奥に入ればまだまだちょっぴし古い洋装の建物だってあるし

コラリートフェリックスの冒険シリーズはフランスをモデルにしてるみたいなので、こんな感じなのかなぁとかひとりでまた妄想してみたり
バスでパリ市内一回り、マジ楽しいです

2008_12182008pari0135.jpg

そんなこんなで夕暮れ時にエッフェル塔へ
フランスは今年EUの議長国だそうで、それにあわせて星がついたりイルミも青に変わったそうです
来年以降はどうなるかわからないそうですが

ここも全体が見渡せるスポットで降りて写真撮影
とにかく寒かったし霧で上まで映らなかった
おろしてもらったところも有名なところらしかったんですが何せ説明が多くって忘れました
ごめんなさい

写真撮影も一通り終わったら次はライトアップされたシャンゼリゼ大通りへ
凱旋門からスタート!
2008_12182008pari0139.jpg


パリといえばシャンゼリゼ
おっきな通りには有名カフェにヴィトンに・・・といろいろ揃ってます
ライトアップもとっても綺麗でした

なんか、パリに来たなぁを実感
コンコルド広場には観覧車も立っていて

クリスマスなパリはとっても華やかでした

一通りバスで巡って今日のホテルへ
オペラ座にも近いホテルウェスティン
パリ中心部なのでコンコルドやオペラ座周辺まで徒歩圏内です
ロビーで待ってるとチョコレートの試食をやっていたらしく、ちゃっかりご相伴
紅茶までいただいちゃいました

その紅茶もティーバックじゃなくって、ちゃんと丁寧に淹れました的に超おいしかった

荷物を置いて、夕食へ
この日はオニオンスープにお魚料理
スープ皿、いやお椀がおっきくって・・・・すごかった
パリのレストランはどこもおしゃれでかわいいです

夕食後は自由解散だったので足を延ばしてラファイエットまで

この時期限定のお楽しみ
イルミネーションです

神戸のルミナリオが参考にした本家本元のライトアップが楽しみだったんです
オペラ座の後ろから神々しい光が!!
その途中でロクシタン発見
よっしゃ、あした行くぞ

2008_12182008pari0147.jpg

2008_12182008pari0148.jpg

2008_12182008pari0144.jpg

ラファイエットは輝くばかりに美しかった
全面に施されたイルミがきれいのなんのって
神戸がマネしたくなるはずだわーとしばし放心・・・・
ラファイエットの素敵ポイントはこれだけじゃないです
ショウウィンドウに飾られたおもちゃたちが動くんです
ディズニーランド張りに

これがもうっ
可愛くって
子どもたちも夜も遅いのに釘づけになってました
音楽つきで賑やかでかわいい
なんて粋なんだ、パリの人たちは
日本のクリスマスのテーマってどっちかというと恋人だけど欧米では家族
その違いが表れてるのねーと今回の旅で感じました

夜も遅かったのでホテル帰ってこの日は就寝

明日は一日自由行動です

お買いもの三昧っ万歳!

テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : パリ 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.20 22:27

2008_12182008pari0080.jpg

今日はドイツ最終日

前日の金の鹿亭で朝ごはん

食堂にはかわいいお菓子の家が飾ってありました

2008_12182008pari0078.jpg

朝食会場のレストラン
暗いけど夜じゃないです
確か朝の6時半すぎくらい
ドイツは今の時期昼が短いです

昼間だったら眺め最高だったんだろうなぁ


超名残惜しかったけどローテンブルクとはここでお別れ
今日は一路ノイシュバンシュタイン城へ

バスでひたすら3時間くらい

ひたすら山の麓へ

山脈の向こう側はオーストリア

お昼前に到着
ここでお昼です

スープがやばかった
野菜たっぷりポタージュなんだけど、やっぱしファンタジー小説にでてきそうなカンジ
塩味で素朴なおいしさだった

たぶんこの旅一番のお気に入りかもしれない

時間も押してるのでさくさく食べてお城を目指す

麓の土産物街から歩いて20分くらいのところにあるのがノイシュバンシュタイン城
(いちいち打つのがめんどい名前・・・)

馬車もでていて片道馬車代込らしくみんなで列へ

途中イタリア人学生の集団と列にてガイドさんがバトった
おそらく列の並び順とかそんなもので
イタリア語で普通にバトるんだからガイドさんも強い
研修旅行らしく先生のいないところでは超元気一杯らしい

まあどこの国でも一緒だよね
とにかくその元気度はすごかったけど

いったいいくつからOKなのか普通にたばこを吸ってたし

2008_12182008pari0084.jpg

そんなこんなやっと乗れた馬車

せっかくだから一番前、御者席でっす

視界がまっさらで気持ちいい

馬車といっても馬も歩くのでスピートはまじ遅い
やる気ないのか馬も超のろのろ・・・・
ゆっくり、散歩を楽しむ
そんなかんじ

2008_12182008pari0087.jpg

だいぶ進んで見えてきたノイシュ(だから長い!)城

シンデレラ城のモデルにもなった白亜のお城

中世のお城!!
の割に実は作られたのが19世紀後半
今から約150年くらい前・・・・とかいう案外新しいお城だったことが判明
ちょっとショック・・・・・

中は撮影禁止・・・・・・


さてそんな実は新しかったお城、実は大部分が未完成

おもに中の部分が

王の寝室など一部は完成してますが玉座の間も未完成部分があったり
借金をかさねて作ったお城でかさみすぎた借金に危惧した首相らがルードヴィッヒを軟禁
その後謎の死を遂げています

上空からとった写真だとお城の全体像が入ってわかりやすいんだけど何しろ地上から
全体像ははいらなかった

2008_12182008pari0089.jpg


お城の中にはそんなルードヴィッヒ2世の写真も飾ってあります


お城見学のあともまたまた馬車に乗っちゃいました

そしてバスは一路ミュンヘンへ

今日は大半がバス移動ってことでちょっぴしウトウト・・・・

暗くなったところでミュンヘンへ到着

昨日までと打って変わって都会な風景
近代的な建物ばかり

ホテル寄って荷物おろしてから再集合、市内のマリエン広場へ
2008_12182008pari0100.jpg

広場前には大きなツリーが

すっかり暗くなっていい感じにライトアップ
ちなみにうしろのでっかい建物は市庁舎

こんなすごい建物で仕事なんて、なんてうらやましい

なかはやっぱ現代風なのか、興味あります
2008_12182008pari0101.jpg

広場にはクリスマス市がたってます
規模はちょっと小さめ

ローテンブルクよりかは若干おっきいかな

グリューワインのお店はもちろん、ソーセージのお店もオーナメントも一通りそろってる
クリスマスの飾りはほかの都市とくらべて若干大量生産の香りするものが多めかも・・・?
仕事明けの人でにぎわってます

2008_12182008pari0102.jpg

こっちの果物は水あめっぽいものでコーティング
きらきらしててきれい

にしてもこの金色のリンゴはすごい
いったい何で色つけたんだか

2008_12182008pari0105.jpg

市場を冷やかしつつ、本日のお食事会場のビアホールへ

3階にはおっきなステージがあってドイツの伝統ダンスや音楽を堪能
2008_12182008pari0108.jpg

おねいさんが超美人だった
こっちの伝統衣装は胸を強調するつくりになっていて・・・
私絶対むりーーとか思った
ウエストはキュッとなってるし胸元あいてるしでかわいい

男性はサスペンダーに半ズボン

大人の半ズボン・・・・・ええと・・・まぁ、伝統衣装だし、ね

というわけであとから入ってきたのが日本人の学生団体
ふつーに居酒屋飲みのテンションが後ろで繰り広げられる

ガイドさんの知り合いがいらっしゃったみたいであとから話したところによると、観光ガイドなど旅行業界の専門学校の研修旅行だったらしいです

彼らが将来旅行業界を背負うのか~と先輩根性丸出しのガイドさんは嘆いてました
あまりのはしゃぎっぷりに先輩としてはたいそう不安になったらしいです

今回同行したガイドさんはとってもさばさばした強い方で、教官だったら超怖そう・・・とか思った

そんなこんなでドイツ最後の夜は更けていきました


ドイツといえばビール
私は飲めませんが、いろんなビールがありまして、割って飲むのも大好きなんだそうです
コーラ割りやレモネード割りも普通にメニューに載ってます

以前友達にコーラ割を教えてもらって、別のところでそれを言ったら全否定されたので今回ビールの本場ドイツでその飲み方があって一安心

ということでみなさん
ビールが苦手ならコーラかレモネードで割っちゃいましょう

突っ込まれたらドイツではこれがフツーなのって言ってやればいいんです
メニューにもあるんだよ、って

地ビールもたくさんあるそうで、基本的にその地域でしか出回っていないそう
おっきなメーカーはちがうみたいだけどね

なのでご当地ビールをたくさん飲んだ方がお得かも
ビールのほかにはワインもあります

フランケン地方のワイン
アイスワインや貴腐ワインも有名

甘口は飲みやすいです
そんな飲める子でもないので味見程度でしたけど

貴腐ワインはマジシロップみたく甘いです
最近では日本でも作られてるみたいですが甘いから飲める~とかいって飲みすぎると、そこは普通にアルコールの入ったお酒なので

酒は飲んでも飲まれるな、ということで飲みすぎ注意ですが


明日はいよいよフランスはパリへ
ドイツともお別れです

パリのスィーツが私を待ってるーーーーーーーーー♪




テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : ドイツ クリスマスマーケット 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.20 21:36

さて2日目は一路中世の宝石、ローテンブルクへ

日曜日ということもあって道路激空き、あっという間に到着

ドイツでは日曜は基本的にお休み
たしか日曜お店を空ける場合罰金が必要なそうです
一日くらい休めということだね
今の日本じゃ考えられない制度ですよね

そんなことしたら大暴動だよ、きっと
深夜営業の規制だけで大揉めなんだから

そんな日曜ですが観光都市のお店はちゃんとやってます

日曜お休みていったって例外くらいあります

けど基本的にヨーロッパはどこの地域でも日曜はお休みのお店が多いから旅行計画立てるときは慎重に

団体ツアーのいいところはバス移動などの最中にガイドさんがその国の習慣や歴史を離してくれるところです
今回もいろいろ聞きました
ドイツの洗濯事情とかいろいろ
今回お世話になったガイドさんは超のつくベテランさんでヨーロッパはとりあえずどこでもOKなくらい詳しい
ドイツ以外にもいろんな国のプランについても聞けて楽しかったです

そんな話をバスで聞きつつ、ローテンブルクへ到着

ニュルンベルクとは違ってとってもこじんまりとした小さな町


2008_12182008pari0027.jpg

まずは今夜のホテルへ荷物を降ろしに


なんと今回城壁内ホテルなんですっ

憧れの城壁内

今までフランス、イタリアと行ったけど城壁内は初めて
大体ツアーだと近郊ホテルになっちゃうから
(城壁内確約は高いツアーかオフシーズン、それでも滅多にない)

城壁内ホテルは数も限られているし、客室数も少ない上に予約は世界中からとかいう高倍率
滅多にないんですよね
だけどやっぱし、中世ファンタジー気分を体験したいならぜひとも泊まりたいっ
ってことで大感激

ホテルの名前は金の鹿亭

名前からしてライトノベルっぽい

ヨーロッパ的には普通にある名前なんだろうけど名前からしてテンションあがります

街並みも中世だからホントにラノベやファンタジー漫画の中に入り込んだよう

2008_12182008pari0022.jpg

ホテルの中もかわいい
ロビーからして重厚
こじんまりで中世のお屋敷にいるよう

この奥にレストラン

さて、荷物をいったん置いて外へ
石畳の町並みに感激しどうし
フランスにもこういう感じのつくりの家があったっけ

中心のマルクト広場まで徒歩で移動
途中中世刑罰博物館前へ
2008_12182008pari0030.jpg

中に入らなくっても外にもいくつか置いてあります

さて、これはなんでしょう?

正解はパン屋さん専門の拷問用具(拷問ってか罰則用具みたいな)
パンの重さを偽って売ったりしたパン屋さんはこれに入れられて水攻めです

2008_12182008pari0031.jpg

前からだけど護送馬車

中世の法政についての博物館で中には他にもたくさんの刑罰用具や拷問器具があるそうです
今では考えられない変わった法律と刑罰用具
時間がなかったので今回中へは入らず

2008_12182008pari0045.jpg

2008_12182008pari0048.jpg

ブルグ公園と城門
吟遊詩人さんがいらっしゃったのでパシャリ
絵になります

一通りめぐって自由行動

マルクト市場周辺でお昼とお買いもの
ソーセージ屋台と焼き栗屋台で買いました
栗は甘いのじゃなくって普通の栗
暑くてホクホクしてておいしかった

2008_12182008pari0035.jpg


2008_12182008pari0056.jpg

なにやら素敵な外観のホテル発見

スレイヤーズに登場しそうなカンジ
というかローテンブルクについて思ったけどまんまスレイヤーズな世界

なんかね、いきなし一階部分から派手な攻撃魔法が吹っ飛んできそうな雰囲気たっぷり

2008_12182008pari0060.jpg

2008_12182008pari0062.jpg
入ったお店から中庭が見えたから思わず一枚

井戸だし、めっちゃかわいい

雰囲気ありすぎ
どこ見ても中世だもん

2008_12182008pari0029.jpg

この地方の伝統菓子
チョコのかかったのとかクリームはいったのとか
後ろの在庫の量が半端なかった


2008_12182008pari0065.jpg

午後のティータイム
これも伝統菓子のシュトレンケーキ
いろんな香辛料やドライフルーツを入れた焼き菓子
ケーキみたいの

出来立てよりも寝かせた方が味がしっくりしておいしいとのこと
とにかく甘かった

2008_12182008pari0069.jpg

ケーキ食べたところの飾り
ホテルなんだけど超由緒あるところらしい

おやつを食べてホテルへ
ホテルも超楽しみ
なにせ土台は築500年
中も中世のお屋敷そのままな雰囲気にレトロなエレベーター
ついでに鍵はこれまたラノベに登場しそうなクラシックなもの
ハイジとかにもでてきそう

お部屋もこじんまりとしていてかわいい
写真撮るの忘れたのがもったいないくらいっ
超可愛い作りだった

バスルームは広々でした
ヨーロッパの素敵ポイント、とりあえずバスルームは広々
Bグレードだって日本のビジネスホテルなんかとは比べ物にならないくらいゆったり

お部屋探索の後はホテル探索へ
2008_12182008pari0071.jpg

2階にある広間
リビングってイメージかな
おっきなテーブルにツリーと可愛さ爆発

ラノベの世界~と一人ハイテンション
エドガーとリディアがいたら絶対こんな雰囲気のところ!!とか思う

2008_12182008pari0072.jpg

廊下にもこんなにもかわいいミニコーナーが
気分はラノベの主人公です
床がね、ウグイス張りでギシギシいうの
これもまた雰囲気あってよし

2008_12182008pari0076.jpg

夜のマルクト広場
昼間とは違って静寂
こういうシーンとした人気のない様子も素敵

さてさて
本日の夕食はトマトのスープに豚肉のロースト
お肉はとろとろにやわらかくって隣にジャガイモボールが乗ってます
丸めたもので食感はお餅みたい

こういう伝統料理にも感激
ラノベ~とやっぱり一人感激(いい加減しつこい)


というわけで中世な町ローテンブルクでした

ドイツにはこうしたおもちゃ箱をひっくりかえしたような、古くてかわいい街がまだまだ沢山あります
ドイツをまたゆっくり回るのも楽しそう

そしてヨーロッパ大好きな理由がこれ
とにかくファンタジーな世界に迷い込んだ気分になれるから
料理にしろ街並みにしろ想像力かきたてられます










テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : ドイツ クリスマスマーケット 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.20 20:05

本格始動の二日目

バスで一路ニュルンベルクへ

外は寒いです
はっきりいってなめてた
もう、やばいくらいに寒い
一面雪景色なところをひたすらバスで突っ走る

休憩挟んでお昼手前くらいにニュルンベルクへ到着
待ちに待った中世の雰囲気ただよう街へ到着

2008_12182008pari0001.jpg

カイザーブルク城側の城壁
とにかく積もった雪がとっても綺麗
そして寒い

ご飯はこの近くのレストランにて
名前に魔女がついていて店じゅういたるところに魔女の置物がありました

2008_12182008pari0003.jpg
2008_12182008pari0004.jpg

本日の昼食
ドイツらしく特大のプルッツェルとソーセージ
ソーセージは、その地方ごとに味が違うそうで、これが食べたいと言ってもその地方から離れてしまうと食べられないそうです
ビールもしかり

香辛料が半端なくきいてます

となりはジャガイモ、下に酢漬けのキャベツ
伝統的なドイツ料理

私的にはファンタジー小説の中のごはんなイメージ

ご飯もたべて観光開始
2008_12182008pari0006.jpg

2008_12182008pari0008.jpg

ドイツの郵便馬車
向こうのポストは黄色です

2008_12182008pari0011.jpg

中央広場でここにクリスマス市が立ってます
ニュルンベルクのクリスマス市は有名で、とにかく人人人!!
激混みだった

このあと自由行動で集合場所を確認して解散
ホテル自由戻りでもよかったんだけど地図だけでたどり着く自信もなかった
とにかくはじめてのクリスマス市で大はしゃぎ

テンションも最高潮っ

とりあえずグリューワインのテントへ
グリューワインは、ワインに香辛料を入れてあっためた飲み物
クリスマス市名産
みんな立ち止まってワインで乾杯
完全に出来上がってる・・・

そんなこんなで屋台を冷やかし

2008_12182008pari0012.jpg

伝統菓子レープクーヘンの屋台
かかってるの全部お菓子で、イラストやメッセージが書かれてます
ドイツ語で結構恥ずかしい愛の言葉とかいろいろ書かれてるそう
「愛してる」とかそんなかんじのがね

2008_12182008pari0018.jpg

チョコ菓子もたくさん
チョコバナナの他にも串にイチゴとか刺してその上からチョコレートかけたやつとかクッキーに甘いナッツ類などなど
盛りだくさん
ワッフルもあったな
写真はネズミさんが可愛くって一枚
さすがはメルヘンの国
お菓子ひとつとっても愛らしい

2008_12182008pari0020.jpg

もちろんお菓子だけじゃなくってクリスマスの飾りもたくさん売ってる
オーナメントがつるされていたり
オーナメントも種類がたくさんあってとにかくめっちゃかわいい
可愛すぎ
そんなかわいいお店が広場中
いやぁ・・やばいよ、これ
日本じゃまず売っていないようなかわいい品物ばかり
オーナメントも凝ってる
細工もかわいい
2008_12182008pari0017.jpg


ニュルンベルクはおっきい街なので城壁内にもイマドキなショップもたくさんあります
マックとかも見かけたし
デパートなんかももちろんあったし

街を歩くだけでも楽しい
中世な気分を味わえます

さて、寒さもやばくなってきたので凍えるようにホテルへ
ホテルついてびっくり

蒲団が・・・・・
うっすい!!

えっ?これだけで寝るの??ってくらい薄い
外あれだけ寒いのにこれはないんじゃ・・・・
しかも暖房もでっかい湯たんぽみたいな金属の部分が熱くなって熱気であっためます的な微妙なものだけ
マックスにしてもあっためるのに相当の時間がかかった

この日は蒲団をもう一枚借りて二枚重ねで寝ました
もちろん相当着こんで

とりあえず・・・・ドイツは寒い!!
よぉく身にしみた1日目終了っ


テーマ : ヨーロッパ旅行記 - ジャンル : 旅行

タグ : ドイツ クリスマスマーケット 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.12.20 18:52

ずぅっと行きたかったクリスマスマーケット

せっかくだから旅行記書きたいってことでブログの趣旨に反してますが書かせてください

未来の趣味がごちゃまぜになった旅日記なので例えがたぶんマンガ系です(すみません)


というわけでツアー概要から

いつも添乗員同行のツアーを利用してます
ホントは個人手配やりたいんだけど(究極的には行き当たりばったりな旅)何都市も回ると手配に手間がかかりすぎるので大体ツアーを利用
ツアーっていってもたくさん種類があるから選ぶのは大変
できるだけ自由行動が入ってるのとパリも一緒になってるのを選びました


ではでは出発日より
空港ガラガラ・・・・
これだけ空っぽな空港は初めて見たかもってくらい
さすがは閑散期

飛行機嫌いなので乗る前に腹ごしらえ
出発は午後一時過ぎ
飛行機の席はなんとラッキーなことにブロックの最前列
前のスペースが他より広いうえに圧迫感もない、出入り自由なまさにエコノミーの当たり席
感激して席について機内プログラムをチェック
ハンサムスーツと、なんとリトルマーメイドがやっているではないか
ということで何十回と観たリトルマーメイドを早速鑑賞
英語だろうと日本語だろうとこれは何度見ても飽きない
アリエルが声を取り戻す船上のシーンとかでテンションをあげて2本目はなぜかルパン3世・・・
ハンサムスーツは・・・まあ帰りもあるし、いっか。と2本観て映画に飽きて持ってきた音楽プレーヤーを聞きながら睡眠と覚醒を繰り返すこと数時間・・・

行きも何気に短く感じたんだけどやっぱラスト2時間くらいはつらかった
お腹すいても飛行機じゃあまり、いやかなり御飯が食べられなくなるので・・・

これさえなければヨーロッパもかなり身近に感じる

そんなこんなでフランクフルトに到着
この時点で出発のハイテンションとかマジ皆無・・・・
まだ夕方だし時間あるしで行きたい人はフランクフルトのクリスマス市を案内しますよ~というガイドさんの声もスルー

いや、ちょっとマジ無理・・・・

あああ行きたかったのに・・・

というわけでホテルついたら速効ベットの中へ
3時間くらい寝て落ち着いてからもそもそと這い出してお風呂入へ
フランクフルトのホテルは、到着日のあわただしい中一泊だけっていうのがもったいないくらい設備の整ったホテルだった
ポットついてたし、日本語放送あったし

私も行きたかったなぁ・・・
フランクフルトのクリスマス市(泣)





タグ : ドイツ クリスマスマーケット 旅行記

| 2008年ドイツ・パリ旅行 | コメント(1) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。