--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.30 21:08

いつもコメント・拍手ありがとうございます♪

続きを読む

スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.30 20:44



「ねえロタ。僕はね、僕からリディアを奪おうとする輩はたとえ女だろうと手加減はしないんだ。だからねさっさとその手をどかしたほうが賢明だよ。せっかく祖父君と一緒に暮らしてこれからもっと孝行したいだろう。まぁそれでも強情を張るようだったら君の運命も残念ながらここまでだね」

「って、全然残念がってる口調でも顔でもねぇだろっ!!つかなんて狭量なやつなんだ!!!」

「僕は僕の宝物を守ろうとしているだけだよ」

「リディアやっぱ考え直せ。こんなやつと結婚しても苦労するだけだぞ!」




女の子のいちゃいちゃも大好き
でも若干ラブ度がたりない・・・・
アニメでも絶対この二人のからみが観たいっ


あ、あと
マリみて1月放送決定★
次は笙子ちゃんに奈々ちゃんも登場してくれそうだから楽しみっ

テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.09.29 21:13

観ました~
伯妖アニメ版

うわぁ動いてるーーー
でもやっぱし展開はやーい
つかスケジュールが足りないのかOPが本編の使いまわし多数・・・
これ最後までこうだったらかなり切ない・・・
しかもリディアに着替えを用意したのがレイヴン
えっと、レイヴンが着替え手伝ったの?
あの髪の毛結わえたのは誰?
アーミンが出てこないっ!!
このタイミングででてこないといつ出てくるんだ?
そしてエドガーが気障な台詞を吐くとなぜかきらりんとした効果音が
これ、毎回つくの??
ちょっとなんか違う・・・・・・

うーん
やっぱしアニメだとキャラの感情部分がおいつてこない
そしてペースが速い
作品好きすぎて色々言ってしまうぅぅぅ

あとは早くトムキンスがでてくればvv

タグ : 伯爵と妖精 感想

| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.09.28 20:00

この半年間、あっという間でした

ひたすらかけ続けた6か月
毎週驚かされて、叫んで、30分観終わった後の脱力感といったら

というわけで最終回です
放送終了後また最初っから観て、Bパートを再び観て

涙が出ました
ルルの最後に


ナナリーが瞳を開いて、「8年ぶりにお兄様の顔を見ました。それが人殺しの顔なのですね」
(たぶんこんなかんじ)
凛とした声でルルを断罪する姿が切なかった、いや、なんかもう悲しすぎて
ルルはなにも言わないから
自分の決めたシナリオを完遂するために何も言わない
ナナリーの前でも仮面をつけたまま
そしてナナリーの断罪が虚空を貫いて
ダモクレスのカギを、フレイヤの発射を自らしていたこと、世界の憎しみをダモクレスに集めることをルルに述べる
ナナリーの強さ、決意
自分からの巣立ちに安心したのかルルはついにナナリーにギアスを使う
ユフィのときみたいに抵抗を示したナナリーもギアスの力の前に屈伏し鍵を渡す
ナナリーの我に帰った時の悲痛な叫びと断罪
最後まできっとルルを信じたかった
けれども現実がそれをさせてくれず、ルルからの言葉もにべもないものばかりで
ナナリーが何があってもルルの味方であってほしくて、いままでの話をルル視点で追ってきた私はやっぱりルルのやさしさと悲しさをナナリーにわかってほしくて
ナナリーのセリフがこたえた
鍵をもったルルは全世界へ告げる
そして2ヶ月後
先の戦乱で捕まった反逆者たちの処刑をするべくパレードをする皇帝、ルル
世間、民間人たちはルルを当然のように独裁者と憎む
そこえあらわれたのは仮面をかぶった人物、ゼロ
人間離れした動きであっさりルルの前に立ち、剣をつきつける
生きていたスザク
ここでゼロレクイエムの全容があきらかに
すべての悪が憎悪がルルに向けられてゼロがそれを倒す
世界は明日を手に入れる
やさしい世界へと変わっていけるはず
それがルルの決意
やろうとしていたことだった
刺されてスザクに言葉を残したルルは最愛の妹ナナリーのもとへ転げ落ちる
手を握って、すべてを悟ったナナリーはルルに最後の言葉を
その言葉を聞き妹の元で息を引き取るルル
コーネリアや民衆らの叫びの中で響き渡るナナリーの鳴き声
「お兄様がいてくれたら・・・」
「ずるいです、お兄様」
世界は明日へ
やさしく変わっていけるはずだから
他人へやさしくなれる世界へ



ほんっと全然予想してなかったのでまさかルルが亡くなるとは!!!!
あの刺されるとき、あの回想がホント長かった
なんだかもういいたいこととかありすぎて何を書いたらいいのか・・・・・
最後どうしようもないくらい悪者に徹したルル
黒の騎士団も世界もを敵に回して、だけど真実は伏せたまま見事に引いてみせたルル
処刑上に現れたゼロをみてすべてを悟ったカレン
ルルのやりたかったことがカレンにわかったよかった
きっとあのスローモーションでアップになったルルに近しい人たちにはルルの真意が伝わったはずだと私は思いたい
そう思わなかったら悲しすぎる
きっとカグヤだって最後までルルを信じたかったはず
CCの言葉がホントなら、彼女もきっとルルの優しさをすこしは知っていた、信じたがっていたと思いたい
カレンのあれはゼロ!と言ったときの涙にあふれた表情がたまらなかった
ルルのことで泣いてくれてよかった
歴史上ではもっとも卑劣で最悪な独裁者というレッテルを貼られて、後世につたえられていくのでしょうが、せめてルルの愛する人には真実をしってもらえてよかった
ナナリーの最後の表情も鳴き声も切なくて、悲しくて
けれどナナリーには分かってもらえて、愛してますと言ってもらえた
ナナリーにとっては最後の最後で兄のやさしさに触れられた真実を知れた、だけど
兄は一人で決めて自分にも嘘をついて一人で完結させてしまって
そのなかに自分が入り込む余地なんかこれっぽっちもなくって置いていかれてしまった
ナナリーが自分の意志で歩いているから―だけど悲しい
たしかに一番引き際がいいのかもしれないけど
ルルをずっと見てきたからやっぱり生きていてほしかった
これだけのことをして自分はナナリーとひっそり幸せに・・・とはやっぱりいかないんだろうけど
とても強くて悲しい皇帝がいたことをどうか忘れないでほしいです
やさしい世界が続いていってほしい
学生に戻ったカレンのことをきっとルルも喜んでいると思う
今度は猫を被らないで素のままでいけよ、とか思っていたり
オレンジ畑をたがやすジェレミア・・・・・
スタッフー!!!
なにげに式まであげちゃった扇とヴィレッタ
コーネリアやカグヤたちはどうしてるのかな
きっとあの戦いをともに近しいところで経験した人たちがいるかぎり世界はやさしくなれると思う
カグヤとコーネリアたちが談笑しているところなんかもみたいな

きっと小説版でキャラ心情などを補完してくれると信じてます

ここまできれいに完結させたんだからきっと続編とかはないだろうし
あったとしても主人公はたぶんまた別になるだろうしね

なによりもルルはやっぱり一人だし
この半年間、ううん
最初にギアスを観て衝撃を受けてはまって疾走してきたテレビシリーズ
スタッフのみなさんありがとうございました
ここまではまったアニメは本当久しぶりです

こうやっていろいろ考えたり感情移入したりするから物語って面白いんだと思う

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : コードギアス反逆のルルーシュ 感想

| コードギアス関連 | コメント(1) | トラックバック(1) | |

2008.09.27 20:42

なんだか実感がわきませんがいよいよ明日が先行放送

ちゃんとうつるのか?
普段入ってないチャンネルなだけにいまいち不安

新刊も次は本編ぽいしこっちも楽しみだなぁ
つか本編じゃなかったらマジへこむから

某掲示板では早くも展開の予想で盛り上がってるし
ここはやっぱし切ない系で、だけどちゃんと、次こそはちゃんとまとまってラストになってほしい

また離れ離れとかだったらマジ泣くし

しばらく放心だよ、きっと

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.24 21:37

2回目もカラーついてました~

なにげに漫画版の絵も好きです

そして、昨日情報をいただきました。
雑誌にも掲載☆の新刊情報!

うわぁ10/31楽しみだ
次は絶対本編だよね???
てか、もうもうこれ以上待たせないでください
どんだけ焦らしプレイですか

なんかタイトルからしてラブ試練満載っぽい
はなればなれの二人にさらなる追い打ち!みたいな

うわあ、気になる


さてさて
マンガ版

あれ?伯爵と妖精ってこんなにもシリアスだったけ?な展開
展開っていうかちょうどそんなシーンのつめこみどころだったからそうなったというか・・・
レイヴンとかアーミンとか
スレイドも追ってきてるし
なにげにアクションものになってます
エドリディがっ!
もっと画面でいちゃラブがみたいのに
これはやっぱしマンガ版、花嫁修業は~とかやってもらうしかない?
でも漫画だとやっぱし華やかですねー
まぁなんというか初期のころはひたすらエドガーの鬼畜っぷりが際立ってます
表情もどことなくやさぐれぎみ

しかもえぇ!!なところで終了
ラブポイントは来月までお預けです

テーマ : 少女マンガ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.23 21:43

銀座周辺ぶらぶら
それにしても取材カメラの多いこと
今日は何デー?

それはともかく、久しぶりに本のレビューでも

壁井ユカコさんの「カスタムチャイルド」 電撃文庫より

遺伝子操作が日常と化したこことは違う歴史をたどった現代
日々適当に生きていた三嶋が出会ったのはマドカという少女だった
半ば脅して三嶋の家に居座ったマドカとの奇妙な同居生活
ずっとつづくかと思った夏だったけど、それはある日唐突に終わりを告げて・・・・・


なんかね、
私こういう微妙な距離感の男女の関係って超超超すきなんですっ
淡々と過ぎていく日常でちょっとずつお互いが気になって、大切になって
だけど、・・・・・な展開
マドカと三嶋の距離感とか
マドカが三嶋へ見せるあどけない姿とか、ちょっと三嶋を意識しているしぐさや話とか
そういうちっちゃいところがすごく好き
終わり方もさらりとしていて
あとを想像させたくなるような、そんな感じです
ものたりないって思う人はたぶん物足りないんだろうけど、ああいうこれからを感じさせるラストも好き
感想ってわりにあまり具体的に書いてませんが
興味を持った方はぜひ読んでみてください
(図書館なんかでも借りれるかも)

ちょっとこれを機に壁井さんの作品を読んでみようかなぁなんて思い中

たまにどきりとするようにツボにはまる作品があるから読書って好き



テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.22 20:41

いよいよ今週末、先行放送っ
映るよね、無料だったもん確か

あああぁ・・楽しみだ
きっと真夜中に絶叫してそう
きゃーきゃー叫んでるな

ついでに漫画連載のほう、そろそろ発売日かなぁって思って本屋に立ち寄ったら全然ちがっててふつーに落ち込んだ
思い込みもはなはだしい・・・
いやー待てなーい

どっちも早よ来い

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.21 19:01

30分追っていくのが大変なくらいせわしないです

来週でラスト、予告画が一切出なかった・・・・
間に合ってないのか、わざと??いや、たぶん後者でしょう

ついにシュナイゼルを抑え込んだルル
来週立ちはだかるのはルル一番の泣き所、最愛の妹ナナリー
最終回どうなる????
もうみんな生き残った人全員しあわせになってーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
ホントこれだけ
CCもカレンも、コーネリアもみんな
どうにかルルのことをわかってほしい
今回ルルはどうにかシュナイゼルを抑え込んだ
いつものルルの手で
つーかいっつも不思議なのだが、あの録画はいつとったんだ
そんな時間あったか
シュナイゼルにはなにも執着がなかった
だからさっさとすべてを切り捨てられる、自分の命だって
そうして最後の最後でギアスにかけられた
はたしてこれが来週吉と出るのか
たぶんギアスを知っている人は、シュナイゼルに起こった異変を察知するはず
一応作戦っぽい、咲世子さんたちの行動
あっさり信じちゃったカグヤたちだったけど、うーん・・・・?
たぶんシュナイゼルおさえたし、黒の騎士団および各国代表はルルにとってあんま驚異ではないんだろうなぁ
一応殺したくはないんだとおもうし
あとはカレンでしょうか
最後スザクと相撃ちか
ルルとの和解はもう期待できないのかなぁ
あれほどマジに戦っているし、あのときの「おまえは生きろ」を信じてほしい
なにげにいきていたコーネリア
やっぱし胸でかいなぁ、ああなんかおだやかだ・・とか思った
しかも、そのかたわらには!!!ギルフォードだよね
彼生きてたんですね
だったらルルのかけたギアスはまだ健在なんでしょうか
気になる・・・・
もうこうなったら二人ともくっついちゃえ
あーなんか今週はあまり感想らしい感想がかけない
だって来週が最終回
やっぱね、来週いろいろだとおもうし
今回自分でギアスをうちやぶったナナリー
目を開けたナナリーがやっぱり可愛かった
来週からはずっと瞳あけっぱ?
ここの兄妹もくるところまできちゃったし
やっぱし来週
すべては来週ですよね

怒涛の半年だったなぁ
だって展開早いし、視聴者もびっくりな展開ばっかりだったし
日曜来るのがなにげに毎週はやかったなぁ

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : コードギアス反逆のルルーシュ 感想

| コードギアス関連 | コメント(0) | トラックバック(2) | |

2008.09.21 09:00

あーあ、いいなぁ。うさぎは道行く隣の人影をそっと見上げた
大好きな大好きな彼氏の背中には安心しきった寝顔があった
大好きな恋人の背中を独り占めにして夢の中だ
小さい子相手にやきもちなんて大人げないんだけど、やっぱりどうしても心の中にスモークのようなもやもやが広がっていくのだ
視線をちびうさからはずして隣の恋人衛のほうにむけてみる
別に見とれているわけではない
ただちょっとくらいはこっちにも気を向けてほしいなぁって思うだけなのだ
いつもみたいに休日に三人で遊びに行った帰り道
疲れたのかちびうさは帰りの電車の中ですでに夢の世界へ旅立っていた
こてんと首をかしげて眠る姿が可愛くって自然に笑みがこぼれた
こうして眠っていると昼間に衛を取り合ってケンカしたこととか、憎まれ口をたたかれたこととかそんなの全部わすれてしまう
けれども、やっぱりうさぎだってまだまだ子供だから
大好きな人の背中がライバル(たぶん今の二人の関係は衛を挟むとこの言葉が一番似合うはずだ)に独り占めされているとちょっとばかり心穏やかでいられないも事実なのだった
視線に気がついたのか衛がうさぎのほうに顔を向けた
はたから見るとどう思われてるのかな、うさぎはふと頭の中で考えた
小さい子をおぶった男性と隣に女の子
どうみても恋人ではなくって親子だろう、いや姉妹だろうか
親子だったらそれでもいいんだけどな
だけどね、と頭の中でつけくわえる
「どうしたんだ?そんなに頬をふくらませて」
視線がかち合うとどうも照れくさくなってうさぎはふっと絡めていた視線をはずした
ひとりでちょっとだけやきもちなんてかっこわるい
「うさも疲れた?」
うーん、ちょっとちがう
一人頭の中で回答してみるがもちろん隣の恋人にはまったく伝わらない
もうすぐで家につくから、とかなんとか言っている
ここで一言甘い言葉でもあればこんなもやもや吹っ飛ぶんだけど、やっぱりいつも思うがうさぎの恋人は若干乙女心が疎い
だからうさぎはぷぅっと頬を膨らませる
親子もいいけど、たまには恋人してね、と


あとがき★★
ああ、何が書きたかったか・・・・自分でも最後わからなくなってしまった
たぶんうさぎちゃんの乙女心が書きたかったんだと思う
なんか書ききれてない感がただよっているけど・・・・
どうもSS、Sとかだと恋人っていうか家族って雰囲気が前面に押し出てて甘い雰囲気があんまりない気がするんです
ときめき度でいえば無印が一番かな、やっぱ
年上だから保護者的役割もあるんだろうけど、たまには恋人っぽいのがみたーいっ
っていう私の願望でした


テーマ : 自作小説(二次創作) - ジャンル : 小説・文学

タグ : まもうさ セーラームーン 二次小説

| セーラームーン | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.09.20 19:00

こないだクアイナなハンバーガーを初めて食べました
夕御飯でも大のつくボリューム
けどめっちゃおいしかった
食べ応え十分です
つぎはアボガド入りに挑戦したいなぁ~


それでは拍手コメントお返事です
いつもありがとうございます♪

続きを読む

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.20 18:40

学園アリス、その他ネタばれ感想です~

ではでは


学園アリス
前号で、ある意味衝撃的な出会いをした柚香と先生
年の差12歳であることが判明★
そして先生はやんちゃだった・・・・
なんかね、今までの回想シーンみてる雰囲気では落ち着いた大人って印象だったんだけど・・・
過去編ではやんちゃです
ほんとにあの回想の人ですか??ってくらいになんか印象が違うよ
なにせ着任のあいさつがワンマンショー
そしてさりげなく神野先生と同期であることが判明
年齢不詳、小等部の七不思議かと思ってたらちゃんとふつーに新人だったよ
そしてそして!!!校長、年上バージョン
普通に大人だったんだよ、19年前は
どうやら柚香が学園をでるときにあの姿にしたらしい
どうやらたくらみをいだいてるらしく、彼のたくらみを中断させることに成功したのが柚香
大人な校長はなんかもう、まんまって感じ
なにに利用しようとしているんだか・・・・、その野望も気になるところだけど
今まで黒幕、一番やっぱいやつ~とか言われててもなんか見た目が子どもなんでいまいちピーンとこなかったけど
確かに、普通にあの姿なら納得
やばそぅ、ってかたくらんでそーーーな気ぃ満々ですから
まぁそんなわけで、瞬間移動のアリスをもったいたって普通の生徒。
ただし脱走癖あり(親から見捨てられ派にありがちな自己顕示欲と先生には見られている)な柚香のまさに脱走するぞ!な瞬間にまた立ち会ってしまった先生
彼女の意外で、だけどまっすぐな理由を知って・・・・・
さて次回へ続く(次掲載は一月後ですが)
物語すすんできましたね~
読者も蜜柑たち視点なので野田っちの説明が身にしみます
校長とか校長とか!!!!
やっぱり学園アリスは面白い

SA
光はやっぱし最強
滝島ファイト!
だけど滝島の泣き所はやっぱし光なわけで
光の行動の先にもやっぱり滝島がいる
なんか最後の舞台シーンにあてられてきました
滝島のやきもちがかわいかった
竜にぐちっちゃうところなんかも含めて
言わずにはいられない・・・・そんなところか

今日も明日も
いやぁ、やきもちを盛大にやきまくる稜が面白い
ついてきちゃったよ、この人な状況
まんま王道をつっぱしってます
理性と煩悩の間を悩みまくってる間に夏澄がポイントを稼いでいくという・・・・
だってね、あのマコトの息子だよ?
そりゃぁさりげなく褒めるし、いろいろ強いさ
なにしろマコトの以下同文・・
なんかWジュリをみているようだった、なシーンが多々
ああ血は争えないねぇ
でも最後の最後に無垢な笑顔を向けた先は稜なわけで
さてその想いどこまで自覚したことか


さらりと気になった所だけ書いてみました
量的に学園アリスが一番多いですが・・・

そろそろ伯妖マンガ版も第2回ですね
どこまで進むのか楽しみ♪
あと来週はついに先行放送だ


テーマ : 少女マンガ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.17 20:34

フレフレ少女の試写会に行ってきました

試写会大好きで、暇さえあれば応募してます


恋した彼に近づいたいために入部したのは廃部寸前の応援団だった!!
硬派に人々を応援する応援団の明日はどっちだ!

な作品です
なにしろ公開前なのであまりあらすじにはふれられません
だからってこれはないだろう、とかいう突っ込みはなしにしてください

なにはともあれガッキーこと、新垣結衣ちゃんが超かわいいです
声もかわいい
あんなかわいいこえで応援されちゃうんだからもうたまったもんじゃないです
とくに応援シーンは本当一生懸命さがつたわってきてこっちまで感動しちゃいました
いいなぁ青春
学校でなにかに夢中になってるときとか、みんなで一緒になにかをするってたのしいことだよね
あとから振り返って、あのとき楽しかったなぁ
そう思えることってとっても大切だとおもうし、経験は宝物だと思う
そういうのを思い出させてくれる映画だと思います

そして学ラン姿もかわいい!
やっぱし超キュートな応援団長のガッキー
ここもポイントです



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.16 21:49



昨日に引き続きほたるちゃん
すみません、コスチュームはうる覚えです・・・
鎌がびみょーなことに

サターンの振り向きざまな表情がすっごい好きです
色っぽさを前面に・・・押し出してみたのですがいまいちな達成度かと・・・

Sの後半はほたるちゃんのためにある!とか勝手に思ってます


今日はこちらでいただいたフレフレ少女の試写会に行ってきました~
せっかくのご厚意、ブログパワーを見込んでプレゼント企画をしてくれたFc2サマへの感謝をこめて
明日はたぶんフレフレ少女の感想兼布教記事をアップしようかなぁと

あと今読んでる本がめっちゃ面白いのでそれもそのうち

テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : セーラームーン イラスト

| セーラームーン | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.09.15 15:51



なぜだかほたるちゃんネタ
きっと子育て3人はほたるちゃんに甘甘なんだろうなぁとか思いつつ
アニメよりで

最終回の
「あっ、流れ星」
あたりの会話が大好き

ボーイフレンドとか連れてきた日にはきっとこんな風になるんではないかと・・・
なんてね

個人的にはエリオスとほたるちゃんでちびうさちゃんを取り合ってほしい

| セーラームーン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.09.14 21:50

お洋服ーーーーーーーーーー
とりあえずジャケット買いました
チェック物ほしいです。スカートかワンピか。
だけど予算と好みとが折り合わずに保留。
あと差し色カラーのストールもほしい。
にしてもどっかのレッセのツインはなぜか出ると買ってしまう・・・。おそるべしプリプララインツインシリーズ

それでは拍手コメントお返事です
いつもありがとうございます
返事遅くなってすみません



続きを読む

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.14 21:33

いったい何がどうしてそうなっていたの!!!扇とヴィレッタ!!
なに、新しい命って・・・・
展開早っ


一番先につっこみたかった23話の出来事でした
もうなんか本編がいろいろありすぎて
ちっちゃいところから突っ込んでみようかなぁとか


先週より。
生きていたナナリーはゼロがルルーシュであることもギアスのことも知っていた
そして自身で決めた、ゼロと戦うことを
ルルーシュももう後戻りはできない
己のため、そして犠牲にしてきたいくつもの命のために
はたして勝者はどちらか、決戦の時がいま始まる―

衝撃のナナリー生存からすさまじい速さで立ち戻ったルル
今までとはちょっと違います
へたれじゃないっ
こないだまではめちゃとりみだしていたんだけれど、大人になったね
妹相手に容赦なのない口攻撃
でもみてるこっちとしては痛々しかった
シュナイゼルが画策したんだろうなぁ、つかなにあのナナリーへの態度
本性がだだ漏れです
コーネリアもついにここにきてアレっと首をかしげた
かしげついでに話をしてみればついに本性が明らかになったシュナイゼル
彼のいう世界の果てが明かされた
それはコーネリアにとっても到底容認できないもの
たぶんナナリーにとっても
けれどもシュナイゼルにとってナナリーはまだ必要な駒
だから真実は告げずに都合のよいことだけをいって懐柔する
神にもなるつもりな兄に戦慄したコーネリアが反旗を翻そうとしたとたんパチンと合図
それによって撃たれるコーネリア
妹をいとも簡単に切り捨てる非情さをついにみせたシュナイゼル
前のシリーズから黒い人疑惑がさけばれていましたが完全に化けの皮がはがれました
彼のいう世界を予見したルルーシュと、先週のセシルたちの会話
ルルがみんなに本当のことを言えばいいのにとつくづく思いますがたぶん今の彼の言葉は黒の騎士団には届かないんだろうなぁ
ギアス能力のことを都合のいいようにシュナイゼルによって洗脳済みだし
せめてカレンだけでもと思いたいんだけど
どうにかあと2回でルルの味方が増えてほしい
アヴァロンにいるカグヤでもいい、せめて真実を知るルルに近しい人間が増えてほしいです
戦闘は避けられないところまできた両陣営
ルルの出方を読んでいたのか、黒の騎士団をまんまと掌握するシュナイゼル
こっち側には策士がたくさんいるなぁ・・・
シンクーも天子さまを人質に取られて気が気じゃないのかあっさり全権ゆだねちゃうし
最初の戦闘はなんだかリアル遊戯のようでした
策士が二人いれば出方から頭脳戦
形勢をやぶったのはシュナイゼル、黒の騎士団の思わぬ実力をみせつけられ劣勢にたたされるルル
しょうがないと切り札に使ったのは富士山
いつもながらの戦法で敵戦力を大幅に割くことに成功
ここで扇脱落か??なにやら走馬灯のようにヴィレッタとの回想
つかルルのギアス正体のどさくさに生じて絆が深くなっちゃったか?!とばかりな回想だったし
いやぁ、まあ最初おなか映ったあたりでもろばれですけどね
こういうのってあからさまに度アップにしたりするからすぐわかります
でも結局あからさまな表現方法しかないんだよなぁ
あと、回想といえば藤堂さんは千葉さんに何をいったんでしょう
なんかめちゃ乙女になってたけど
で、あっさり脱落かと思われた扇はカレンたちによって危機一髪でした
他のクルーたちはどうなったんでしょう
戦局は混乱のままシュナイゼルのラスボス的発言で今週はおしまい

今週は本当にシュナイゼルがひどかった
あんなやつだったのか
やさしい表情ですっかり騙されていたよ
しかも口調はあくまでおだやかだから始末に負えない
みんなさっさと気付きやがれ!!!
ああでも一人心酔しきっちゃってるひとがいるし・・・・何気に現金な奴だ
あのままコーネリアもリタイヤか、意地を見せてくれるのか
ニーナは間に合うのか
ジノとアーニャはどうなるのかっ
たぶんラスト2話も一気に駆け抜けろーなくらい怒涛の展開なんだろうなぁ
マジ濃い半年でした
なんかルルがゼロの記憶を取り戻して、とかそういうのが1年以上前な気がするくらい毎回展開が早いですよね

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : コードギアス反逆のルルーシュ 感想

| コードギアス関連 | コメント(0) | トラックバック(1) | |

2008.09.13 16:30

ついに買いました

パソコン、ヴィスタです

某電気店の決算セールで超安かったので買いました~
いまのデスクトップってすごいねー
何しろ今までOSwinMEだったからすごいジェネギャプが・・・・・
あとはペンタブを買い換えようかと(今使ってるの、さすがにつかえないよなぁ・・・古すぎて)

こっちはおいおい

予算がついていかないし・・・
ちょっとみてきたけど、今のペンタブってソフトとかもいろいろついてきたりしてるんだね
つぎ買ったらパソで漫画かけたりするのかなぁ

そしたらもっといろいろアップできたりするなぁとか考えたり

しばらくはパソコンの前ですごーい!!を連発してそう

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.11 21:58

ニコ動さまよってると素敵MADが沢山あって嬉しいです

特に手描きさん

描き手さんの愛が伝わってきますよねっ
終了して随分たつのにいつまでもこうして描かれているってとってもすごいことだなぁって思います

だって世の中には超沢山アニメ作品があるわけだし

そのなかでセラムンで描いてみようって

そう思わせる魔法があるなって

そんなセラムンが大好きです
まもうさ最高っ




さて、今日もつけてみた私のパソはやっぱりエラーメッセージin英語
週末リカバリーCDいれて初期化するっきゃないかなぁ
それとも買い替えか

つーか買い換えた場合超ふるーいモデルの私のペンタブは果たして使えるのか・・・
疑問だ

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.10 21:37

にぎやかな夜もクライマックスに近づくと人々の熱狂は最高潮に達した
あちらこちらで大騒ぎが始まっていてにぎやかな嬌声があちらこちらから聞こえる
ロンドンの夜は祭りの喧騒につつまれていた
「もうっ、ダメよ。みんなみてる・・・」
「誰も気にしてないよ。もう出来上がっているしね」
それは確かにそうかもしれないけれど
いつもより多めに炊かれた該当の明かりがエドガーの近づく横顔を照らし出す
至近距離に顔を近づけてきたエドガーにリディアは待ったをかけた
お祭りの熱気に当てられたのは周りの人だけじゃなく目の前の伯爵も同じだったようだ
「こういうの懐かしいよ」
そういってエドガーはリディアの腰に手を回してぎゅっと抱きしめてくる
もしかしてさきほど飲んだお酒が回っているんだろうか
「そ、そうなの・・・?」
少したじろぎながらリディアは聞き返す
果たしてどこまでが臨界点だろうか、と頭の中で考えながら
「アメリカにいた時はよく下町で大騒ぎしたし、こういうお祭りも多かったからね」
どこか懐かしむようなおだやかなエドガーの横顔にリディアも海の向こうの大陸の町に想いを馳せる
きっと今みたいににぎやかで明るくって、輝いているんだろう
「きっととっても素敵なんでしょうね」
想いを馳せれば自然に笑顔がこぼれでた
「うん。それにここよりもっと大騒ぎだったな」
そう言うエドガーは子供のようにもみえた
「だからね。こういうどんちゃん騒ぎに巻き込まれないためにももっとひっついていないと」
そういうやいなやぎゅっとエドガーが頬をすり寄せてきた
やっぱり酔ってるわ・・・・
冷静に分析してしまう自分がちょっとうらめしくなってしまう
「もう、エドガーったら。もうすこし離れないと・・」
そういいながらもリディアもきっと人混みと街灯とランプの明かりに酔ってしまったのか
今はこのままでもいいかな、なんてそっと瞳を伏せた




あとがき
だいぶ短くなってしまいましたが以前ネタ募集したときに頂いたお祭りネタです
すみません、マイパソのデータがぶち壊れてしまったためお祭りシーンのみ抜粋というカタチになってしまいました
本当にすみませんっっ




| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.09.09 20:40

自宅のパソより


えっと、私のパソコンがぶっ壊れました
起動しません

さっきまで知恵袋をうろちょろしてたけど、HDDがやばいもよう
リカバリーしてみるしかないのかなぁ

つかOS、winMEだし買い換えろってことかしら
どっちにしろもれなくイラストと二次小説のデータは消えたって事で

これかいてて思い出したけど伯妖の二次書きかけがあったんだったぁぁぁ!!!

つか昨日までは全然平気だったのにぃぃ

ありえないっ
メールとかってアドレスとかプロバイダ変えなかったら大丈夫なんだろうか

| 日々のこと | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.08 20:42

うそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マジかよっ!な怒涛のラストにビックリ

いやぁ、まさかね
ナナリーが生きてたとは!!
なんでどうしてどうなってるの?
そこは来週
しっかり補完してください
だってさ、皇帝に相応しいのは・・・とかなんとかいっちゃって映し出されたのがナナリー
ルルじゃなくなってビックリだから
あれれ??な展開
毎週ギアスはラストで叫んでる気がする
先週の皇帝宣言から一周明けて、皇族がメイドさんやってるのに吹いた
どんな使い道だよそれ
そして新皇帝は色々改革を実施
特権階級から取り上げたりエリアを開放したり、ブリタニアを中からぶっ潰していきます
反対勢力もスザクがバサっと対峙
つかラウンズとの対決がめっちゃあっけなさすぎ・・・・
みんな瞬殺だったし
ジノにはさすがにためらったのかスザクも説得を試みる
ビスマルクもギアスで対抗するもストレートなスザクの攻めで負け
あんだけ手ごわそうなラウンズも色々残り時間の都合もあるのかけっこうあっけなかった・・・・
うん、でもまあジノの行方とか諸々に期待
皇帝はメディアでこれを流し新生ブリタニア、自身の権限を世界に知らしめる
そして超合衆国への参加を表明
これには黒の騎士団も驚きを隠さない
カグヤ、シンクーらにもギアス能力のことは知らされたようで
ゼロへの不信感からか突然の表明にも混乱を隠し切れない
アッシュフォード学園でのぞむ民主主義による多数決
ギアス対策も万全ですよ
カグヤの本気モードがおがめました
どうも最初のゼロへの押しかけ女房が強かったのか、ちょっとお子様モードなイメージが強いんですよね
なのでこういう真剣なやりとりみてるとなぜか複雑・・・・
それにしてもシュナイゼルのやろうとしてる世界はどんなもんなんでしょう
ルルはおおよそ掴んでるみたいだったけど
まぁルルの目的は実質世界の掌握だったわけで、サクッと威しちゃえ的にスザクが登場
目的のためとはいえカレンへの態度といい、こういうやり方といいみていて切ない
そこまで悪役に徹しなくてもいいじゃん!といってあげたい
ああ切ないなぁ
切ないといえば、もうラストのあれだよ
ナナリーの怖い表情
はっきりと敵宣言
シュナイゼルに何を吹き込まれたんだか・・・・・
ナナリーだけはルルの味方でいてほしかったなぁ
ギアスの力はおまえを孤独にする・・・確かにその通りだけど
やっぱ今までの道のり、ルルの悲しみや因果を全部見てきただけにルルに感情移入してしまう

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

| コードギアス関連 | コメント(0) | トラックバック(1) | |

2008.09.05 22:16

そういえば5日だった今日

勿論ホスト部最新刊も買って読みました~
鈍い環にイライラしつつ・・・・

やはり環×ハルヒだと思うんだよね
自覚したハルヒ、可愛い


とまぁ下からは表題のはなゆめ感想です


学園アリス
過去編第二話
やっとやっとのお父さん登場★
いままでは顔までちゃんとかかれてなかったけど本格登場です
高等部校長の弟さん
けっこうカンジチャラい
ラストで柚香とバッタリ鉢合わせ
てゆーかその先!!その先のあれこれがよみたいのーーーーーーーーーーなところで終了
プロローグがながすぎじゃーーーーー
とか叫んだり
高等部校長のアリスさりげなく判明
そんなアリスもあるのね・・・不老長寿だそうです
貴重みたいです
外出ると狙われちゃうくらいに
いくら長寿とはいってもやっぱ病気とか怪我とか外的要因では命の危機に陥るのかしら??
それより神野先生の年齢のが知りたいYO!
あんた一体いくつだ
次はまた年代が動いたっぽいのでであった直後のあまーい思い出とかエピソードとかはなしかと思われ
まあね
年齢流石に10歳と~じゃアレだし
トキメキ展開はもうちょっと先かな
柚香と鳴海センセとの出会いとか昔話とかやってほしいなぁ
月ともずっと一緒だったのかな
仲悪かったんだろうなぁとか月の話っぷりをみてると思います


花と悪魔
トーニメインの回
最後のハナのぼけっぷりがかわいい
そしてビビはやっぱり怒るわけね
ビバ無自覚!
いや、自覚はしてるのか??認めたくないだけで

ハナって確か14歳な設定なんだよね
14って年は描く作者によって随分と設定に偏りがありますよね
セラムンだとガンガン大人っぽかったりするし
ちなみに「マリア」っていう小説の主人公も14歳でしたが、彼女も超ハードな14歳をすごしてました
ソフトハーレな展開がツボなホワイトハート、榛名しおりさんの本です(オススメですよ♪)

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.03 21:21

伯爵と妖精、公式が地味に更新してます

つかユリシスが宮野さんです

どんだけ豪華なんだ

ユリシスが決まったってことはそこまでやるってことで決定?みたいな
ネットでは何クールやんのかで憶測飛び交っていたので
ユリシスだすってことはどんだけぶっ飛ばしても1クールじゃ難しいよね

てかどんだけぶっ飛ばし・・・もそれはそれで切ない

アーミンの方は、すみません私の知らない人でした
どんな声の方なんでしょう

それより!!!
それよりも!!!

トムキンス氏のビジュアル

Please!!!!!!!!!!

| 伯爵と妖精 | コメント(3) | トラックバック(0) | |

2008.09.03 21:13

図書館から本を借りすぎて大変です

10日までに3冊半・・・・
今日も一冊借りてきた

基本電車の中で読む用なのでスピードが遅い

けど延滞したら予約本順番になっても後の人に先に行っちゃったりなのでマズイ

今はとらドラ読んでます(電撃文庫の)


10月からアニメになりますねー
最近少女系では滅多にお目にかからなくなった学園ラブコメ
視点が男性なのでちょっぴし新鮮
なにがすごいってプールネタで一冊話がまとまっちゃうとか
日常のなにげないネタで冊数を稼げちゃうのがすごいなぁって思う
どうも私はページ数を書くっていうのが超苦手なのでさりげなく書けちゃう展開とか羨ましいです
テンポよく、でも基本高校生の日常なラブコメです
いいなぁこういうの書けるの


そしてBLEACH劇場版借りようと思ってツ○ヤにいったらもう無かった・・・・

世の中厳しいよ・・・・


| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.09.01 20:44

うわーーーーーー
出てた
発売されてた!!
文学少女の最新刊、そして本編最終巻

つか
つーーーーか!!!

まあね
そうだよね

後味さっぱり涼しい感じのラストでした

それにしても外伝のラストのあれが、彼女だったとは

完全に肩透かし
さすがは野村さん
やってくれました

私は絶対彼女だと思っていたんですけどねー

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。