--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.11.29 21:17

昨日からちらほら書店をチェックしているのですが

売ってないんだよー

コミックス版の伯爵と妖精が
結構気になっていたんだけどなー

たぶん最初刷った部数が結構少なかったのではないかと・・
アニメ化とはいえコミカライズ作品だし
それにしてもアニメになってる売り出し作品なのにー
なんでないの?と言いたい

きっとそれだけ伯妖が盛り上がってるってことだよね

それにしてもネットでみたコミックスのあおりぶんがウケた
執事より伯爵って
思いきり某ドラマ化作品(同じマーガレットの)を意識してるじゃん・・とか
もしくは今はやってる執事関連作品にか



今日は彩雲国物語も発売でしたね
もうもうもうもうっ!
なになになんなのあの展開はーーーーっっ!!??
話も複雑だから執筆にそこそこ時間かかるし、続きはいつだーーーーー
気になるよう
それにしても前回からあやしさ大爆発だった彼のお方の正体がはっきりしました
なにやら展開がありすぎて・・・・
うーわーしか言えない
スポンサーサイト

テーマ : 伯爵と妖精 - ジャンル : アニメ・コミック

| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.28 21:32

紳士淑女のための~ちら見してきました

アニメ設定やら、イラストやら盛りだくさんな内容でしたね
個人的に表紙が書き下ろしじゃないのが残念

抽プレカレンダーのイラストでしたね

本の中には過去の抽プレイラストなんかも掲載されていて素敵イラストが拝見できてうれしかった
パラソルをさしてるリディアが可愛かった
ドレスといえば小物はパラソル
この組み合わせ好き

なんかきっとメリーポピンズあたりの影響かと(時代はちょっと違うけど)


イラストとキャラアンケートが面白かったです



今年のコバルト抽プレカレンダーはイラストのラインナップが減りましたね
いつもはこれでもかというくらいにぎやかなラインナップだったのに、今年は厳選6作品に
ちょっとさみしい
でもおまけで本がつくみたいだし
また今年も応募してみようかなぁ
応募はタダだし

文庫かわきゃだけど、たぶんふつーに買うから応募はできそう

こういうのって気づいたら期間すぎちゃってたりするから切ない
こないだのイラストカードだかは気づいたら期間が終わってた

| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.27 20:25

さむーいっ
だけどまだコートは着たくない
なんかね、今着ると冬に負けてる気がするから
だってまだ11月だし
気合いでなんとかなりそう・・・


とかなんとかいってこないだのバーベキューのときはちゃっかり着こんで行ったんだけど


もうすぐ12月ですよっ

一年も早いなあ


それではお返事です


続きを読む

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.26 21:17

のっけからバンシーの可愛さにやられた
なんていうか、伯妖は女の子の可愛さが半端ない
ああこれでロタがいてくれたら・・・と思わずにはいあられない
バンシーであんなかわいいんだからロタだってかわいいはず
バンシーはなにやら予想に反しておもいきりしゃべってるし声もどっちかというとロリ系でちょっとびっくりした
もうちょっとミステリアスな感じになるのかな?って予想していたから
ポールに赤くなっていたのが可愛かったけどポールの横はロタのだからっ!と叫んでみる
話的にはとりあえずリディア、実家に帰りますから!宣言はなかったことに
そしてコブラナイ登場
正統派、昔話な妖精ヴィジュアルだった
なんかやっと妖精っぽっていうかファンタジーな要素がでてきたなって感じ
このへんのやりとりは原作まんまでほのぼのしててよかった
とにかくリディアの反応がいちいちかわいい
そしてスタッフすごーーーーーーーーいっ
やってしまったな!
グっジョブ!
番外編の女装ネタがこんなところにくるとはっ
レイヴンの女装がまさかアニメで拝めるとは
せっかくだからかつらもかぶってほしかったところだけど、まあ女装がみれただけでも素晴らしい
コルセット姿のリディアをみたから、っていう理由もすごい
でもエドガーならなりかね・・ゴホゴホ
きっとスタッフさんたちもこれいれたかったんだろうなぁと思った
なにやら今回はおいしいところをやまもり詰め込んでましたね
ケルピーとのやりとりといい
私的にはリディアのドレスのボタンを閉めようとして悪態をつくところと、エドガーに宝剣で攻撃されても平気で、リディアが心配して服の中に腕突っ込んだあのへんのやりとりがアニメでみたいです
一押し素敵シーンってことで
最後はアーミン登場
来週は本格的にユリシスらもでてくるのかな
そろそろ本題にはいらなきゃだしねー
それにしてもこのアニメ何気にリディアのお洋服をきちんときせかえてくれるから素敵
今日のネイビーのドレスもかわいかった
ドレスのバリエが豊富だとそれだけで楽しい♪


テーマ : 伯爵と妖精 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 伯爵と妖精 感想

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.26 21:06



こないだから引き続きで描いてみました
リディアそっくりな中身エドガーな二人の娘とケルピー

小悪魔な笑みと自信がみなぎってます

ケルピー的には外見リディアなのに、あきらかに某伯爵の面影がみえてしまって・・・な状況

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.24 16:48

パソを新しくしていろいろ新しさゆえの設定で泣かされてきましたが、今日はあせりました。

なぜってここの管理画面が勝手にウィルスバスターでブロックされちゃったから
なんか四苦八苦して(つかなにその勝手な設定ーーーーーとか罵りながら)バスターの設定を一番低くしたしだい

性能がいいのはありがたいんですが、勝手にどうのしてくれちゃうのはいただけない・・・・


さて、気分はがらりと変えて拍手とコメントお返事です

いつも感想ありがとうございます
感想以外にもアニメ、ラノベの語りなど大歓迎です

続きを読む

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.22 22:26

「もぅっ、ケルピー!私の頭をなでていいのはお父様とお母様とレイヴンだけよっ」

「お、こいつリディアとそっくりだな、気の強いところなんか瓜二つだぞ」

「・・・・それはどうも」

「そうだ、おまえリディアの代わりに俺のところに嫁にこい」

「ちょ、ちょっとケルピーったらなに言い出すのよ!まだ小さいのに嫁だなんて」

「そんなのすぐにでっかくなるだろ」

「そりゃあなたからみたら人間の成長なんて微々たるものだとは思うけど・・・って違うわよっ」

「うわっ、こら伯爵なにすんだ!」

「なにって、邪魔な虫は今のうちに駆除しておこうかと思っただけだよ」

「てめー、今マジだったろ」

「あたりまえじゃないか」

「あ、お父様ー」



あとがき★
続家族日記ということで
なんとなくケルピーのほうがリディアの娘にちょっかいをかけそうってことで
それを笑顔で仕留めるエドガー
もちろん宝剣赤く光ってます
まあパロなので赤くなってもそこまで危なくないってことで
リディアは頭抱えてそう
なんでこうなるの・・・・って

たぶんエドガーが一番最強なんじゃないかと
今でもそうですが

タグ : 伯爵と妖精 二次小説

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.21 22:23

続けて感想第二弾っ
学園アリスネタばれ感想です


前回より久しぶりの再開なところからスタート
柚香は校長に捉われそのアリスを利用されていた。
死にゆく人たちからそのアリスを回収する役目を行わせられていた。
また月は自身のアリスを使って柚香を孤立させていた。
自分から校長の関心を奪った、ホントは自分とは友達になんてなりたくなかった、と行平に思いをぶつける月。
行平はそんな月をきちんと前からとらえ今から柚香のところへ行こうと校長室へ乗り込み柚香を奪還
その手を取った柚香の中には以前とは違った心が芽生えて―


ということで行平センセと柚香の関係が大きく進展した今回~
やっと特力の先生と生徒になりました
これからもっと絆をふやしていくのかな
一応このあと月とも和解するんでしょうか?その辺はまた次号で、ですね
柚香のさせられていたことも今回で判明
能力を引き伸ばすっていえば聞こえはいいけれど、校長の黒さ大爆発ってところですか
あんなに貯めたアリスストーンの使い道のが気になります
今後の切り札でだしてこなきゃいいけど
しかも正面切って校長に喧嘩を売った行平センセ
このあと、事件が起こるのは柚香が高校生のころだけど、それまであの校長が手をこまねいてみているだけってことは・・・ないよねぇ
大丈夫なのか
もしくはまあそこは一応高等部校長の弟ってことでそこまで大きくはでられないのか
とりあえず柚香と平穏な日々をすごしていてほしい
メインがこの二人だったので他のメンバーは登場しなかった
次くらいからナルたちも登場してほしいな
ナルと柚香の出会いとかも書いてほしい
前回みたいなんじゃなくってナルが柚香を好きになったきっかけとか
今大人組みの人たちの過去バナも読みたいな


というわけで次回は12/19です
その前に新刊も出ますね
本誌で追っかけていたのがまとめて読めるので楽しみ

その時期は旅行なので帰国したら即買いに行こう

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 学園アリス 感想

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.21 22:10

何回かぶりにとらドラの感想をばっ
こっちも基本一冊を2話のペースでやってってますね
メインが日常のネタだから多少会話をはぶいてもまあ大まかなあらすじは原作未読でもついていけるかと
今回のはプールの回の後編
個人的にこの巻の話はもうちょい長くやってほしかった
クラスで手紙回ってくるシーンのくだりがお気に入り
みのりのあの寝姿・・・・ちゃんと再現したんだ・・・
つか、あれ現実でやったらどんなもんよ?って思わなくもないけど一度はマジで教師は騙されるのかやってみたい気もする
インク落ちなさそうだよね
やっぱこの回の一番のメインはプール対決なんだけど、やっぱ性急だった
もうちょい丁寧に対決シーンはやってほしかったな
水着はぎとられてクラス入り乱れて・・・なところで竜児がおぼれて!!タイガーあの発言だったけどアニメはなんかあっさりだったし
タイガーのせっぱつまった叫びがちょっと軽くなっちゃったなぁと思った次第で
次回は別荘編だねっ
もう、毎回作画がきれいでたまりません
あとOPが好き

テーマ : とらドラ! - ジャンル : アニメ・コミック

| アニメ関連 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.19 20:48

たぶんもう7話くらい?
プロポーズはおてやわらかに完結編です

冒頭のケルピー登場のシーンがかっこよかった
やっと彼の正体がきちんと描かれたなってカンジ
水辺で馬であらわれて、で人間バージョンで登場
アニメならではの登場シーンがよかったな
ケルリディも好きなので今回はケルピーとの絡みもおおくって楽しかった
とくにあれだ
妖精界へつれていかれたときのやりとり
ケルピーがリディアを押し倒したところのセリフ「交尾」
ちゃんとアニメでもあってうれしかった
さすがは本性馬
ケルピーらしいセリフでなにげにお気に入りなので
そのときのリディアの一瞬ふっと笑みを浮かべて・・・・・バチンと一発なシーンがやばい
リディアの表情が可愛くって
アニメ版リディアは表情がとにかく豊かで頬をそめてる率が高くってかわいい
くるくるかわる表情がみれるのはアニメならではですよね
まあ展開はあいかわらず特急ですけど
今回は幾分ゆるやかだったかな
つかエドガーはいつからニコと意思疎通ができるようになったんだろうか・・・
そのへん曖昧?つか放送されてたっけ??
テーブルについてるニコとエドガーがみれるのもアニメならではかな?
ラストにアーミンたち登場
セルキーとしてよみがえったって思いきり一言でアーミンのくだりをおわらせるつもりだろうか
しかもユリシス陣営は犬入れてもあの少人数だし
もうちょっと手下っぽいのとか黒妖犬の数を増やすとかしないとかえって貧弱にみえるような
来週はロタをすっとばして涙の秘密をおしえてですね
ってことはリディアは相変わらずロンドンにいるってことなのかな

つーか、ロタ!!
彼女だしてーーーーーーーーっ
二期がもし放送するんだったら絶対に出してほしい


そうそう、伯妖コミックスはなにげに①ってついてたね
続巻もでるのかな
それともあいつは優雅な~がコミックスだと実質前後編とか


タグ : 伯爵と妖精 感想

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.18 18:00

「お父様、私おっきくなったらレイヴンのお嫁さんになるのー」

とかなんとかリディアのちっちゃい娘が言ったら可愛いと思う。

無表情なレイヴンにちまちまとついて回るちびリディア(当然母似)とかかわいいなぁとか最近考えてます

やっぱ二人の子供は仲良く男女いなくちゃ
当然息子は父似で娘は母似な感じで

そしてレイヴンだいすきーと言ってほしい

たじたじなレイヴンとある意味あたたかく見守るエドガーとか

面白いと思う

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.17 21:28

昨日は一人まもうさ二次小説を読み返して悶えてました

自分で書くのもいいのですがほかの方が書かれた小説を読むとテンションあがります
そうそうそうそう!!私もそうおもうーーー!!とか
衛さんかっこいいっとか
やっぱまもうさ大好きーーーとか
いろいろ

そしてやっぱし初期がすき
あとアニメR設定とか(エイルアンあたりの)
ラブラブもいいけどその前のあたりがいいのーーーっ

いろんな作品を読むとまた活力になるしね
私も何か書きたいっ

だけどそのまえにまたカセコレが聞きたい
あとRも観たい

| セーラームーン | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.16 18:10




「ちょっ、エ、エドガーっ!」
厨房にはおよそ似つかわしくない悲鳴のような叫びがひびきわたった。
香ばしくやけた菓子の香りの漂う昼下がりだった。


続きを読む

タグ : 伯爵と妖精 二次小説

| 伯爵と妖精 | コメント(4) | トラックバック(0) | |

2008.11.16 16:17

とらドラ9巻読書中~
そして乙龍シリーズも読み返し中
そうそう、坂本真綾さんのトライアングラーが素敵すぎです
アニソンはマジいい曲が多いと思いますっ
そしてにぎやかな曲が多いのでテンションが上がる、これ重要




それでは以下お返事です
いつも素敵なメッセありがとうございます

続きを読む

| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.15 17:49




パソの中に入ってたペイントソフトで塗ってみました。
透過とかわかんなー・・・・・だけどなかなか高機能らしくヘルプもしっかりしててなんとかここまで
塗って・・・うわっ何気に人物多っ!!ってことに気づいた

また落書きに色つけたいな


それはさておき感想

乙龍シリーズも完結編
期待していた某ミズベの方々との対面もなく・・・・・
ちょっと残念★
けどりかちゃんがんばりましたね~
このシリーズはとにかくりかちゃんが男前で②
おかげでヒーロー役のユーキがかすんでみえ・・(爆)
ユーキ、あと何年くらいかしたら身長ももっと高くなって、しっかり男の子な体つきになってそしたらりかちゃんにちゃんと告りそう
そうなったときのりかちゃんの反応は、たぶん真っ赤になるんじゃないかなぁと
せっかくセレイルたちとも親しくなったんだし、夕香理ちゃんみたく定期的にあっちの世界に遊びに行ってもいいのになぁって思う
その辺の番外編が読みたい
今回で一応決着
だけど肝心のギースが何をどう思って水龍を破滅においやろうとしたのか、とかその辺がかかれてないからあんまり実感がわかないというか
ううーん、たぶん蛇足になっちゃうんだろうけど気になるというか
時間軸のあやふやはまぁいってもしょうがないか
このへん扱うといろいろ突っ込みどころが満載になっちゃうし
作者さん、次回のコバルトからの作品はどうなるんでしょう?
守龍ワールドからははずれるのかな??
榎木さんは誤記がちょっときになっちゃったりもするけど守龍ワールド作品はどれも大好きです
人間と龍との関係とか
たぶん榎木さんの文体が好きなんだと思う
また読み返しちゃうかなぁ

イラストはなかでも書いてるとおりな面々を
最後にシェイラちゃんを描き足しました
けっこーあやふや
アルダ・ココも確かこんな感じと・・・・
アルダ・ココももうすぐお母さんなんですね
赤ん坊はきっと旦那さん似のやんちゃな男の子かと
そんでもってヨールがため息をつきつつ喜んで子守をしていたり
アナンシアたちの子供と仲良くなったり
そのへんも読みたいなーーーーー
きっと旅の仲間たちはその後も家族ぐるみのお付き合いをしていくはず
ルダート王子もなんだかんだで二人の子供には甘そうだしね


タグ : 榎木洋子

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.14 21:35

「リディアはどんな人と恋に落ちるのかしら」
小さなわが子は腕の中でキャッキャとご機嫌そうに腕を伸ばしている。
瞳は光を放つ金緑色。
本当は違ったけれど先日妖精界へ連れていかれたときに変わってしまった。
きらきらした宝石みたいでアウローラはこっちもお気に入りだった。
「気が早いんじゃないのかい、まだリディアは赤ん坊だ」
独り言のつもりだったのに思わぬ相の手が入ってきた。
父親としては聞き捨てがならなったのか、普段なら聞き流してしまうようなことも娘のこととなると違うらしい。
「あら、そんなことないわ。いつかリディアだってたった一人の人をみつけるのよ、ねー」
アウローラは腕の中の娘に笑いかけた。
分かっているのかいないのかリディアはアウローラに向かってにこっとした。
「あなたが恋に落ちるのはどんな相手かしら」
この言葉だけは誰にも聞こえないようにそっと囁く。
チェンジリングの呪縛からリディアを救ったときのいきさつは夫であるフレデリックにだって話していない。もちろんニコにだって。
これはアウローラがずっと秘めることになるだろう。
一族の呪縛はアウローラで断ち切らなくては。
だから一人で抱えていくと決めた。
願わくはリディアが平穏な人生を歩んでくることを、そう願わずにはいられない。
アウローラはリディアをぎゅっと抱きしめた。
やっとの思いで取り返した娘。
「けれどリディアはまだ歩いてもいないわけだし・・・・」
後ろでは夫であるフレデリックがまだぶつくさと言っていた。
どうやら父親にこの手の話は禁句らしい。
これでは実際リディアが成長して恋しい相手を紹介した日にはどうなるのやら、だ。
その日を想像してみてアウローラは一人笑った。
大丈夫、やっと取り戻した平和があるから。



あとがき
新刊読んでアウローラさん側より書いてみました。
実際アウローラは予言をどのへんまで聞いたんでしょうか
自分の娘が将来マッキールとかかわるとか、青騎士伯爵と懇意にするだろうとか、どの程度の予言を聞いたのか気になります
なにを思って、ニコにブラッドストーンを託したのかな
ニコならリディアのためを思った行動をしてくれるって信じてたのかな
実際新刊でのニコは大活躍でした

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.13 21:03

「まもちゃん、今日は何の日か知ってる?」
唐突なうさぎからの質問に衛は思案顔になった。
「いや、なんだったかな」
けれども思い当たるものは何も出てこなかったので衛は早々に降参した。
「今日はね~、これだよ」
そういって目の前に差し出されたのはチョコレートのコーティングされたお菓子。
俗に言うポッキーという代物だった。
目をぱちくりとさせた衛の前をまえにしてうさぎは気分も上場に話をつづけた。
「11月11日だからポッキーの日なの」
説明してうさぎは手に持っていたポッキーをぱきんと音をさせ口の中に運んだ。
「なるほど、メーカーもいろいろ考えるんだな」
ここにもそんなメーカーの思惑に乗せられたかのような実例がいた。
「1が4つも並んでるとおいしそうだよね~、まもちゃんはミルクといちごどっちがいい?」
ごさごそとコンビニの袋からお菓子のパックを取り出しながらうさぎがたずねてきた。
いくらなんでも買いすぎだろう、とおそらくそれとなく意見したところで聞き入れるはずもないことは衛も承知だった。
「そうだな・・・・・。だったら・・・」
ふとひらめいて衛はうさぎの首の後ろに腕をまわした。
まわした腕を至近距離まで引き寄せる。
衛はうさぎの加えていた菓子の反対側を加えた。
お互い端と端、そして食べきってしまうとき、一瞬だけ触れ合った唇。
「俺はこっちのがいいな」
一瞬のことにあっけにとられて固まっていたうさぎに衛はささやいた。


あとがき☆★ 
11月11日すぎちゃったけど、ポッキー記念で一つ
甘甘をめざして書きました
1111はポッキーの日です
なにげに一人だけテンション高かった11/11
こういう語呂あわせの日って大好き
ゴロじゃないけどもうすぐ11/18です
ミッキーのスクリーンデビューの日!!

2000年に買った11/18記念のミッキーのピンバッチが可愛くってお気に入り

タグ : まもうさ 二次小説 セーラームーン

| セーラームーン | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.12 21:02

てっきり2話完結かとおもってたら次回へ続くだった

しかも何気にケルリディがかわいかった
ひよこのくだりなんかが!!
このふたりのやりとり好きなんだよね、新刊の額にチューあたりとかも
やはり主要キャラが登場すると画面も動くしはなやか
これでロタが登場してくれれば文句ないのに
1クールアニメってのが悔やまれる

さてやっぱしすっとばしまくりな3巻ですが
おかげで牛歩恋愛リディアの心がおいてきぼり
アニメから入った人はリディアに感情移入できなさそう
つかエドガーにもわたしついてけません
ノリで口説いているのか、今は本気になってきているのか、そのへんの心情が置いてかれてただ口説いてるっていうか
いまいち納得がいかない・・・・
アニメ観ててあれ?と思ってしまう描写がいくつか
今回のポールとのあたりとかスカーレットムーンのあたりも急ぎ足すぎたし
うーん、ものたりないなぁ

テーマ : 伯爵と妖精 - ジャンル : アニメ・コミック

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.11 20:25

最近やっとこさ音楽プレーヤーを買ってみた
旅行の準備です

もちろんセラムンの曲もばっちり入れてます

でねセーラースターソングをフルで聞くとどうしても200話がばぁぁっと脳裏に浮かんじゃう

OPにのせてラスト戦うってやっぱ神だね
曲聞いただけであのシーンが浮かんでくるもん
私的に一番好きなのはスターシードの花畑にたたずんでいるギャラクシアが振り向くシーン

あそこがすっごい好き
カット数回にわたって、アップになるところさんか見せ方すごいなって

ムーンライト伝説もだけどやっぱ2番のが歌詞お気に入りです

| セーラームーン | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.09 20:19

寒空の下でバーベキュー敢行してきました
だけど炭火の近くはホカホカあったか
超楽しかった

友達以外にも初めましてな方とも楽しく話したりして
一回だけじゃもったいない
またお話したいな

こういう人との出会いって貴重だし素敵★
いろんな人とつながりを持っていけたらいいな

とにもかくにもお肉も焼き芋も、トン汁も超おいしかった


それでは以降お返事です
いつも感想などありがとうございます
そして遅くなってしまって申し訳ないです
コメントいただけるの超うれしいです

続きを読む

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

2008.11.06 23:24

新刊感想ですっ

本編再開待ってました~
だけどこれでまた怒涛の展開だったらマジせつなすぎーーーーーーと内心ドキドキだったんだけど
今回はちゃんと区切りついててくれたからよかった

ほんとよかったよー


フィルチリースの刃をあび、マッキール家での治療を余儀なくされるリディア
一向に帰ってこないリディアらにしびれを切らしたケルピー、ロタ、ポールらも動き出す
一方エドガーはリディアの治療薬を求め、あるじの泉を探しだすことを決意
けれどもそれはプリンスへと近づくという行為でも有り、それを知ったリディアはある決断を・・・


今回は前回でなかったキャラたち大集合
ニコも大活躍
葛藤がたまりません
ロタやポールも登場してくれないとね、な回だとおもう
とりあえずニコが帰って来てくれてよかった
リディアへの愛情をとても感じたよ
薄情なだけじゃなかった
しかもニコのもっていたブラッドストーンが実はあるじのしずくで預言者に続く重大な魔力のかたまりだったことが判明
そしてやっぱり預言者はアウローラが起こしていた
19年前、リディアを取り戻すときに
お母さんがやはりからんでいましたね
預言者から彼女は何を聞いたんでしょうか
ニコにブラッドストーンをたくした意味とは
リディアもいずれこのことは知るんじゃないかと
パトリックは相変わらずむかつきます
そりゃあもう、思い切り
まだリディアを諦めていない様子
いっそ天晴なくらいなわるっぷり
つーか相思相愛な二人を邪魔するヤツなんてわたしは気に食わないんじゃーーー!の一言です
ファーガスは率直にまっすぐにリディアへアタック
リディア的には好感みたいだけど、エドリディ前提だからね
レイヴンの牽制の仕方も笑った
「エドガー様が真剣になって1年以上もかかったんです」発言はすごい
今回、エドガーは土壇場でプリンスの記憶、彼への近づきを回避したわけで
リディアが一緒に堕ちるとまで言ってくれた言葉にはっとした
幸せにしたいのに一緒に堕ちてはいけない、と
プリンスに近づくじゃなくてなんとか切り抜けられてよかった
エドガーの中でも色々かわったところがあったみたいだし
まあ、今回はニコのもっていたブラッドストーンがあったからともとれるわけですが
リディアが飲み込んだことで物語がどう転ぶのか
舞台はしばらくヘブリディーズ付近から動かなさそう
だけど!!
次くらいでさっさと結婚くらいはしちゃってくださいっ
式くらいあげられるでしょ
もうちゃっちゃとやっちゃわないと、なんかまだパトリックとか諦めてなさそうだし
せめて書類上くらいではエドガーのものにしちゃってください

そうそう、某掲示板でも書かれている方がいらっしゃいますが、私的にもやっぱり某魔女の結婚と話的に繋がっていたらいいなあと思ってならない
預言者がマティアスとかさ
なんかね、つい考えちゃう
そうだったらいいのになぁーって


おんなじケルト系のお話だし


ざっと、さらーっとの感想になってしまいました
まだ描き足りないことがあるのでちょくちょく補完していきたいです


| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.05 21:46

読んできたテンションそのままにネタばれ感想いっきまぁす


まずは学園アリスから
(つかメインです)
先月号で、今とは比べ物にならないくらい清純可憐な月と友達になった柚香
いままでひとりぼっちだった月は柚香にべったり
心を開いていく
それと当時に月は校長へ必要とされたことで彼への信頼を示していく
任務をこなす、月のアリスでの任務その意味に気づいた柚香の戸惑いも月には聞こえず二人は中等部へ
意見の食い違いから思わぬ形で発現した柚香の盗みのアリス
彼女のアリスに執着した小等部校長、そして・・・・・・

事態が結構うごきだした感
月のいまとのギャップがたまらなく切ない
この二人が友達だったんだなぁ・・・と思うと
ちっちゃいナルも登場
前のイラストからも想像できたけどこのころって荒んだ感じがしてたからこのあと柚香と出会って変わっていくのかな
あと先生の尽力と
今回やっと盗みのアリスが発動
過去編みてるに前に回想で登場した柚香とはあまりにも違うのでちょっと意外です
だってそれまでって、どっちかというと明るくなにがあってもへこたれないでっていう風に書かれていたから
中等部で先生のアリスはいいなっていうシーンとか
そのあとお前には分かってれる友達や仲間がいるだろう、ってすかさず先生も返してるし
泣いてるシーンでも、柚香の瞳は強いものがあったし
過去編みるかぎりそういうのがあんまり、つか全然感じられなくって
これからなのか、なんか今月号のラストをみるに大丈夫かーーー!!てなくらいだし
めちゃ避けられまくってるみたいだし、志貴さんらにはいつ出会うのか
校長の柚香への態度をみた月の態度も次回以降変わっていきそう
結局諸悪の根源はあんたかよ、な感
月が極論を考えるようになったのも校長の言葉が原因だし
高等部校長はひそかに小等部校長をさぐってたね、そして登場。
たぶん彼女が棗の母な予感
なにげに素敵な性格そう
五十嵐馨さん
なにやらすべてを知っていそうだね
柚香たちと接点あったのかな
これからの騒動で彼女とのかかわりをしって棗がどう感じるのか
そのへんも見どころじゃないかと
とりあえず続きが気になるーーーーーー
早く柚香が元気になってほしい

とりあえず新刊は12月です


花と悪魔
あいかわらずビビのやきもちっぷりがかわいい
そして大人げない
だけど葛藤するいい大人は大好きです
もっと悩んでくだい(ひどい)
どうやらハナは学校へ行くことになりそう
ビビの独占欲がこの先どうなるかな~

SA
滝島と光メインの回
確かな約束がしたくて、ほしくて思わず言ってしまった婚約の一言が周りにばれて大騒動
最後の滝島の一言
これにつきます
結局一番分かっているのはお互いなんだよね
滝島のこういう不器用さというか、光にぞっこんなところが好き


今回はこんなところでしょうか
明日はたぶん伯妖感想書きます


お返事もためちゃってます
すみません
いつも読んでます。ありがとうございます
お返事も近いうちに必ず!!

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 学園アリス 感想

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.03 23:13

順調に読んでます

伯爵と妖精

今回はロタもポールも大活躍でうれしい

いま後半くらいに差し掛かったところらへん

エドガーのリディアへの愛情表現が甘すぎ

またゆっくり長ったらしい感想をあげたいと思います

パトリックは好きになれないけどファーガスのまっすぐさ加減は嫌いじゃないです
なんか、彼なりにいろいろ思ってちょっと急いだりするの
エドガーに比べると青いなとか思うけど、でもマイナス要素ではないというか


| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2008.11.01 23:24

セラムンオンリーに行ってきました

普段はネットで訪れていたサークルさんなどにいけて大満足です
もっと気の利いたこととか言えればいいのに、どう声をかけていいのかわからずかなり不審者状態・・・

ご本人様にお会いになれただけで感激です


そして周りはみなさん当然にセラムンが好きな方たちばかり

コスもセラムンのキャラばかり

中には育子ママの格好をされた方もいらっしゃったり
みなさん衣装も本格的で眼福ものでした
やはりウラネプ・うさぎちゃんが多かったです



そしてそして!!!
会場で初めてお会いできたかたもいて!!
いろんなお話ができて楽しかったです

こういう機会、普段はあまりないので楽しかったです

ぜひまたいろいろお話とかしたいです

今日はありがとうございました

| セーラームーン | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2008.11.01 12:02

20081101120207
ちゃんとアップできてるかわからないけど

今むかってます

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。