--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.07.28 11:26



夏に間に合いました
私にしては珍しい
そしてめずらしいといえばこのくらい大きく人物を描くのも初めてかもしれない

The 少女漫画雑誌の表紙チックになりました

着色は背景以外カラーインクです
主線に漫画用インクを使ってしまい少し滲んでしまったので、今度カラー用にインクを買いたい
やっぱりカラーだと茶色とかの主線のほうが落ち着くかな

いつも同系色でまとめてしまうので、水着の色とハイビスカスの色を間逆に持ってきてみました
色づかいは毎回試行錯誤ですが、いろいろな色をバランスよく配置できるようになりたいです


そして人物は、こないだ描いたセラムン同人誌表紙を反転してちょろっと変えただけとかいう
使い回しでございます
どうりで仕上がるのが早いわけです

ごめんなさい

スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト - ジャンル : アニメ・コミック

| オリジナルイラスト | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.18 21:14





そういえばたぶん身代り伯爵シリーズの感想をここにあげるのは初めてかも
いよいよ完結に向けて動き出しました。

最近ラノベもめっきり読まなくなったので、伯妖も終わったしこれも完結しちゃうとたぶんもう
おっかけているのがなくなっちゃう
少女向けがたくさんありすぎてどれがいいやらわからなくなってきました
そして案外一般小説にエンタメ系が増えてきたのでそっちのほうが良作増えていたり


そんなわけで以下感想です

続きを読む

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 身代り伯爵 ビーンズ文庫

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.09 21:05




セラムンオンリーの日に飾っていたイラストです
水彩絵の具でやっつけで塗った割にはお気にいり
背景が髪の毛と同化しちゃったから違う色にしておけばよかったと後悔…

ペン入れに慣れてない感満載ですね
けれどセラムンオンリーイベントだけあって、こんな私のイラストでも譲ってほしいとおっしゃってくださった
素敵な方がいらっしゃったり

差し上げたかったのはやまやまだったんだけど、何せ目印になるようなイラストとかポップを用意していなく
これがなくなっちゃうともとからさみしすぎる私のブースがますますさびしくなっちゃうので、泣く泣くお断りさせていただきました

いつかまた海外イベントに持っていきたいと思います

パリかロンドンか、どちらかで展示したいなぁ~

需要があるかわかりませんが、通販の告知はもう少しお待ちください
どういう流れでするか考え中です

振り込みもしくは郵便小為替になるかと思いますが…
まずは通販記事をつくって、そこに返信してもらうか、直接メアドにメールを送ってもらうか
なにせメルマガが多すぎて、自分見きれるか不安…

なので希望者の方は一度コメント欄に希望の旨一言かいてもらってメールしていただくか…
ちょっと考え中です

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.08 21:29

結局、わたしの独り相撲だったのかな。


思いだすのは衛さんとの出会いから、それからのこと。
私のほうからデートにこぎつけて、そのままいけいけで押し切った。
電話もいつも私からだったし、どこに行きたいとか約束を取り付けるのも思い返せえば私のほうから
だった。
あのころは楽しくて仕方なかったから、そんなことに気付かなかった。

ううん、違う。
きっと心の奥底では分かっていた。

私はいろいろなことに気づきたくなくって、それを見たくなくって明確な拒否をもらわなかったことを
いいことにしてそのまま暫定彼女の座についた。
暫定っていうのは、今思えばたぶんそれが妥当なんだとおもうから。

あのころの衛さんはどこか現実にいるのに、違うところをさまよっているところがあって。
ここで、東京の街で生活をしているのに、心はどこかに置いてきたかのような、なにか埋まらないものが
あるかのように、何かを探しているようなところがあった。
私のほうをもっともっと見てほしかった。


それでも…

うさぎとけんかをしているときだけはどこか違った。
わたしの目から見ても、生き生きとしているように見えた。
それがたとえ喧嘩をしているのでさえ。

わたしには見せたこともないような表情が心に焼き付いて。
喧嘩なのに、どこか楽しそうな瞳が印象的だった。
わたしには見せない表情だったから。

うさぎになんとなくさぐりを入れてみても、やなやつとしか返ってこなくて。
それでも私の眼には、喧嘩をしていてさえ私との距離よりもずっと近いように感じられて。

結局それが答えだったんだと思う。



きっとあの頃から二人は反発をし合いながらもどこか惹かれていたんだと思う。
やさしさで私とのことを決着もつけないままで。
衛さんは敵によってさらわれてしまった。



とても悩んで、泣いて。
そしてわたしは立ちあがった。
彼が命がけでまもった彼女のことを私も支えるために。
そんなこと、本人目の前にしたら絶対に言えないことだろうけど。


この戦いが終わって、平和になって、衛さんも無事に帰ってきたら。
きちんと彼の口から終わりを聞こう。
私のほうからもきちんとさよならを言いたいから。




あとがき
アニメ無印のレイちゃん話というか、SSです
アニメと原作ではいろいろ違いすぎるけれど、やっぱり一番違うのはここではないでしょうか
衛さんとレイちゃんが(一応?)付き合っていたというか、レイちゃんの押しかけというか…
大人になって観返してみても、中学生にしてはやたらと先走った三角関係だと思う
現実でこんなんあったらすごいよ?
もっともっとドロドロだよ(バイト先では揉めにもめて大変だったよ)
な、ことも思い切りさらりと描いてるからセラムンは奥が深いと思います

レイちゃん視点で書いてみましたが、もっともっと葛藤があったと思います
私的にあれを付き合っていたと認めるのは正直微妙なのですが…
(あんな感じで二人きりで遊びに行くのが付き合うだったら気軽に誘えない…)
レイちゃんは本気だったし、衛さんをあきらめるというか、うさぎちゃんの気持ちに気付いて
身を引くのもとっても気持ちの折り合いをつけるのに時間がいったと思います
難しくって、全然言葉にかけてないけれど、また次の機会にその辺の補完を書ければと思います

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.06 18:39

バンダイさんからぞくぞく発売されるセラムングッツたち

スマホケースもかわいいなぁ
やっぱセレニティよいね~
思えばわたしハイウエストデザインのワンピとか大好きなのって絶対セレニティから来てる気がする
(レストローズのワンピ大好き~)

つけたいのは山々だけど、さすがにリアルでは隠れオタなので…
しかも私が使ってるスマホはメディアスちゃん…

ううううう…
使えないです

さすがにスマホケースは厳しいけど、普通にリアルでも使えるアクセとか某お店から発売されないかな
ほら、銀水晶をモチーフにしてみたりさ
そういうのだったら会社とかにも着けていけるし

いろいろグッツが出るのはうれしいね
かき下ろしとかあったりするとなお萌えます

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2013.07.01 21:06

30日、セラムンオンリーにお越しくださった方ありがとうございました

初めてのイベント参加だし、最近すっかりオタク活動から遠ざかっていたこともあって
知り合いゼロな感じでマジ不安でしたが、お隣サークルさんが優しい方でいろいろ話しかけて
くださったり、こんな弱小サークルの本を買ってくださる神様のような方いらしたり

ネット活動の重要性を思い知った初イベントでもありました

初めて参加でオフセット本を2冊も刷った無謀な挑戦でしたが、かなりの方が2冊セットで買ってくださり
感無量です
本当にありがとうございました。

ブログ見てますと声をかけてくださり、ありがとうございました
生でブログを読んでくださっている方とお会いするのは2度目くらいで、
しかも最近は本当に更新もあまりできていないのに…

そんななかで声をかけてくださりありがとうございました

人見知り過ぎてあこがれのサークル様に声をかけさせていただくこともできなかったので
もしつぎまた機会があれば、次こそは!!と心に誓いました

在庫もまだありますので近々通販を準備しようかなと思います


オフ活動もおもしろかったし、また次に描きたいネタもあるので、セラムン再アニメ化と合わせて
来年もぜひぜひオンリーイベント開催してほしいです

本当にみなさまありがとうございました

そうそう、未来さんFacebookもやっているのでぜひこちらにも遊びに来てください
https://www.facebook.com/#!/miray.takaoka
イラスト展示室なのでフリーでいろいろ見れると思います



次のオフ活動はおそらく、伯爵と妖精完結記念アンソロジーになると思います
何かこうかな~??
小説なのですが、今レイヴンケリーが熱いのでこの二人メインで何かかきたいかもしれない

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。