--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.11.11 23:40

図書館での戦利品などなどひさびさの??ブックレビューでも

長くなりそうなので開き直って続きを読む設定

では下より、興味あるかは是非是非♪
主にコバルト系の紹介が多いかと

私の通っているお隣の市の図書館はライトノベルが豊富なんです。
なのでいつもお世話になってます。

難点は、市民在勤在学じゃないから予約システムが使えないこと。
おかげで途中の巻をすっとばして借りるなんてこともざらです。

いや、しょっちゅう。
新しいシリーズを3巻あたりから読み始めるなんて事もけっこうあります。
これはこれで話に入るの大変だけどなんかなれると割りと平気。

で結構読み勧めて1巻借りるなんてこともざら。
今日がまさにそれ。

響野夏菜さんのダナーク魔法村はしあわせ日和もやっと1巻が借りれました。
実はもう2,3巻読書済み

響野さんの作品はわりかし初期から追ってます。
アナ・ナグルーンとか東京S黄尾探偵団とか
私的には響野さんの作品はシリアスファンタジーのが好きだったり
薔薇の灰に祈りをシリーズでたときはかなり久々な雰囲気の作品に喜んだなぁ。この作品オススメです。
どっちかというと重厚な雰囲気の文体のが好きなので。

もちろんダナークとかS黄尾とかの軽いノリのお話も好きだけどね。
特にS黄尾は面白いです。
常識を無視しまくった探偵団の行動が特にもう!!
かなりの冊数なのでまとめて読んだら読み応えバッチリ。

あとは山本揺瑶さんの桃源の薬。
これも全然めぐり合わなかったけどやっと一冊見つけた。
やっぱこれも読んでた途中から1巻とんだ巻しかなかった。

こっちは中華ファンタジー
方師とおてんば女の子のめくるめくファンタジー
ってどんだけ適当な説明・・・・・

なんか前巻で主役カップル結ばれたとか書いてあるし
美味しい巻はそっちですか・・・
そこにいきつくまでのくだりが読みたかったのにぃぃ!!とかなりお預け状態。
また気長に待つっきゃないかなぁ

中華ものといえば月色光珠も読んでます。
これももちコバルトね。
こっちもなかなかな盛り上がりを見せてますね。
侑さんのやきもちぶりっていうか主人公への心配振りが素敵です。
女の子が元気有り余ると思いを寄せる身としては心配で心配でたまらんのですよね。
そんなメロメロなシチュエーション大好き♪


あとはコバルト本誌過去分を読み漁ってきました。
ヴィクトリアンローズテーラーをです。
文庫未収録分をかなり読みまくり帰りが・・・
でもまぁシャーロック素敵だったし。
やっぱり黒髪美形に弱いわたし。



そうそう、今日図書館で検索かけたらなんとルルル文庫もいくつか入ってました。
これはまたまた要チェック!
榎木さんの作品も読みたいし。あとはビーンズの品揃えをもうちょい豊かにしてほしいなぁ。
今のところ新人さんとかが全然ないので・・・

いやぁ、やっぱ図書館通いは楽しいよね。
あとは電撃系も手をだしてみたいんだけど何がオススメかがわからん。
あと一巻からそろっているのが少なくって。


スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 本・雑誌

タグ : コバルト文庫 感想 レビュー

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。