--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.12.26 20:58

「ねぇリディア。クリスマスプレゼントは新しい家族なんてどうかな?」

「えぇっ、ちょっと何を言い出すのよ!」

「このまえリディア公園で赤ん坊を見て可愛いわねって言っていたじゃないか」

「それは・・・そうだけど」

「僕の希望はやっぱり一番最初は君にそっくりな可愛い女の子がいいな」

「なっ・・・・だから・・」

「まるでリディアの小さい頃を見ているようじゃないか。僕の知らない頃の君はその瞳の中煮何を映していたんだろう」

「もう!なにをいっているのよっ!そんな・・・子供なんて意図してつくるものじゃないわよ。授かりものなんだから」





うっかりクリスマスの残り香にあてられて・・・即興なんか書いてみたり。
このあとリディアはエドガーに寝室に連れ込まれっ・・・・


クリスマスの残り香・・・
日本にそんなものないです
近所の某スーパーはお正月ソングが早々と流れてました。
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : エドリディ 伯爵と妖精

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。