--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.01.06 15:13

というわけで感想!
とか思って書いて投稿と思ったらパス入力画面に戻って全部真っ白に
ふざけるなぁぁぁってか私の感想文を返せ!と思わずにはいられない展開

気を取り直して・・・
ちょこちょこっと書いてきた新刊の感想、萌え、ネタばれをガツンと書きます
今度こそ


婚約発表を済ませてたリディアとエドガー。
だけどプリンスの記憶を受け継いだエドガーは悪夢にうなされる日々が続いて、しかもリディアの母方の親族で許婚という男性まで現れた。うっかりトローに連れ去られたリディアはチェンジリングの魔法で姿を変エドガーの元へ戻ってくるが・・・・

さてさてしょっぱなからドキドキな波乱万丈な展開です
なにしろリディアの親戚で生まれる前からの許婚と名乗る青年が登場したんですから
純情妄想しがちな好青年のきっぱりとした宣言と絶妙のタイミングで現れたエドガーのやりとりにおねいさんドッキドキです
やばい!なにこの展開っ??!
リディアをめぐっての男同士の戦いですよっ
エドガーの本気のやきもちは怖いです
そして明らかにされていくアウローラの背景。
リディアにとってはまさに寝耳に水な事実ばかりなんじゃないかな

エドガーも夢の中でプリンスの記憶の影響を受け始めています
こっちもこっちでどうなるの~な展開
一気にシリアスにきてます
本当に今後どうなっちゃうのかが心配。
魔女の結婚でもマティアスが苦しんでいた分、エドガーも苦しむことになるのかと思うとなおさらです
エレイン同様リディアもがんばれ

トローにつれさらわれてしまったリディアはチェンジリングの魔法を使ってリズとしてエドガーの元へ
リディアの本気の想いが描かれている分、エドガーとのやりとりがせつなかったです
リズとしてエドガーを見つめるリディアとリディア以外の子には距離を持とうとするエドガー
エドガーの焦燥も伝わってくる分、気づいてと何回思ったことか
最後の最後でやっと気づいたエドガーの切ない行動
そっと口付けるシーンも素敵でしたがいかんせんちょいと遅かった・・・
アンシーリーコートのくだりで可能性でも考えていればと思わずにはいられない
特にベットチェンバースイートのシーン
リズの贈り物
ここのへんのくだりが!!!!
ケルピーのリディアに対する想いも少し変ったみたいでまだまだ手放したくないけれどもリディアが決めたのならというようなところでしょうか
リディアへの想いがまだまだあるだけにアーミンへの宣言がなんとも
彼の本気でしょうね
ケルピー×リディアも好きな私としてはこれからのケルピーの活躍からも目が話せません
やっぱり黒髪美形に弱いです

妖精界ではニコとレイヴンが奇妙な友情を育んでいます
「これからも見捨ててもいいのですね」
というレイヴンにじとーんと汗をかいているニコの様子が目に浮かびます
あぁニコったら後にひけなくなっちゃった
でもまぁニコもちゃっかりしているのでいいコンビですよね
レイヴンも最近はきちんと感情表現をするようになってきてますます可愛くなってきました。
今回のこれといい、ラストの耳をふさいでつったっているところといい、天然な突っ込みキャラとして認知されています
彼の天然突っ込み大好き
番外編のせりふとか他の巻のとか・・・色々
今回も最初トローに誰が許婚か問われたとき「私です」とか答えているし
大真面目にやっちゃうところがすき

あとちょっとのところで妖精界に連れ戻されてしまったリディアを待っていたのはファーガスの口説き攻撃
こっちは純情路線直球勝負で攻撃を開始
リディアを間近に捕らえて説得です
あとちょっとのところでまたまた絶妙なタイミングでエドガーが登場
やっぱぜったいねらっているのではと思わずにはいられない
しかもそのあとの台詞もまたツボ
アローのささやかなつっこみといい、なんていい味だしているんだ
「僕のもの~」宣言もやっばいですよね~
やっぱり普段冷静余裕な人のやきもちほど素敵なものはありません
リディアをめぐってのエドガーのやきもちが大好きです
たまりません
エドガーの本気度の挿絵もぴったりと当てはまっているし
プリンスの記憶を得てでもリディアを助けたいというエドガーの気持ちとか覚悟とか
今回の一番の見所ですよね
その気持ちでこれからの試練もプリンスとの戦いも打ち勝っていって欲しいです

今回から次第に舞台の背景など、ラストに向かって見えてきたようなそんな感じです
特にリディア側の事情
昔も妖精に連れ去れたことのあるリディア
妖精の血を引いていることとか、カールトン氏の言葉とか
リディアのほうにも色んな背景があるようでこれからそれがどう物語に絡み合っていくのかが気になります
預言者もおきちゃうみたいだし
ラストシーンのほのぼのがいつまでも続いて欲しいと思ってしまいます
ラストエドガーの「しまった」という台詞がやばいです。
エドガーの満面の笑みが目に浮かびます


本当今回の巻は私的に大好きな要素が盛りだくさんでお気に入りのシーンがたくさんあって・・
やばいくらいにいい!!
ラストトローとの決戦前のリディアの強がった、エドガーを行かせたくない一身での会話とか
エドガーとカールトン氏のやりとりやチェンジリング、
ケルピーの「お前は最初の水棲馬を手に入れたフェアリードクターだ」とか
書きつくせないくらい色々と

本当次が気になる!
っていうか伯爵と妖精布教キャンペーンやりたいくらい盛り上がりました

あぁやっぱり大好きだわ
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 伯爵と妖精 感想

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。