--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.04.14 20:45

なんだろうこのもやもやした感じは
目の前に繰り広げられるのは自分に対してではない相好を崩した顔。
にこやかに笑っているその顔にいつものイヤミな風情が微塵にも感じられなくって、だからうさぎとしてはあれれといくらか面白くなかったのだ。
「なにさなにさっ。あーーんな顔しちゃって」
いつもの帰り道。少しだけ遠回りしちゃおうかななんて少しだけいつもと違ったルートを通ってみたら通りかかりに垣間見えたのは見知った男性の姿。
だからうさぎは慌てて街路樹の近くに身を寄せてしまった。
なにかいけないものを見るような、自分でもわからない感情に突き動かされた結果の行動。
そしてそのあとに襲ってきたのは胸を鈍く突くようなもやもや感。
なんだか面白くなくってうさぎはくるりと回れ右をしてしまう。
だってだってなんか年上の女の人と仲よさそうに話しちゃってさ。
どうしてそれだけでこんなにもむかっ腹が立ってくるのかわからないまま背を向けて、心の中で少しだけ悪態をついてみせる。
歩きながら考えてみる。
なんでこんなことでこんなにもざわざわしないと行けないのよっ!と。
慣れない心に戸惑って、けれどもすぐには治まりどころが見つからないうさぎはだったらと方向を少しだけ変えて通いなれたゲームセンターのほうへ軌道修正をした。
「こういうときはゲームでもしてスカッとしなくちゃよ」

心の中は未だ今日の空と同じ曇り空のようで。
けれども本人ですら気付かないような静かな湖畔の水面のようなもの。



そんなおだんご姿の少女に件の男性が気付いたのか気付かないのかはまた別のお話。


あとがき☆  ☆☆
これもイメージとしては無印初期ごろでしょうか。
なんだかおんなじようなニュアンスばかりですみません
こういうのが大好きなもので。
さてさてうさぎちゃんの気付かないやきもち、きっと相手は普通に大学の知り合いとかそんなくらいの方なんでしょうけど。
やっぱし自分の知っている人のそばに知らない女性がいたりしたら少しばかりやきもきしたりズーンときたりなんかして
女の子って複雑ですよね
スポンサーサイト

テーマ : 二次創作 - ジャンル : 小説・文学

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。