--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.09.01 00:10

9月のコバルト新刊 榎木洋子さんの『乙女は龍を抱く!』読み終わりました。

やたらと元気のいい主人公リカちゃんと苦労性の風龍セレイル、意外な秘密発見ユーキとの冒険ファンタジーです。

今作で4冊目。

もともと榎木さんの本は『龍と魔法使い』シリーズから読んでいて、他にも『リダーロイス』シリーズや『緑のアルダ』シリーズが同じ世界観で書かれています。

時間軸は微妙にずれてますが

同じ世界観だけどやっぱり主人公とかその物語の舞台となる国・時代によってちょっとずつシリーズの雰囲気も違います。

前シリーズ緑のアルダは主人公がおっとりしてたから物語もやや大人しめ、静かに大きく進んでいくってカンジ

今回の主人公リカちゃんはめちゃくちゃ元気いっぱい突撃娘なので文体もテンション高め。ついでにいうならこっちの世界からファンタジーの世界につれてこられちゃったっていう設定だから日本人のファンタジー世界訪問記っていう雰囲気もあります。


まぁそんなこんな説明が長くなったけど今回結構物語動きました。

意外な事実発見

そして、やっぱただではいかないよね。榎木センセ

色々謎が謎を読んでます。
そしてなんでこんなところで終わるのぉぉぉ??ってくらい引っ張られました。

こうなると先の展開を色々考えちゃうじゃないか・・・・


さて、他の今月新刊。
伯爵と妖精の谷瑞恵さんの書いてる丘の上のリトルレディも気になる

気の強い元気なエリカとこれまた素直になれないジェラルドが織り成す青春ラブ

舞台は寄宿学校、しかも19世紀!

あぁもう、エリカが気になるのにそんな自分のもやもやとした気持ちに気付いてないジェラルド!!
やばい!
美味しすぎる

エリカとの喧嘩がなんともいえず某カップルを連想させる
ええ、言わずと知れたまもうさです。
無印の頃をね。

んもう!だからやばいんだってば!
こういう設定に弱いんだって私
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。