--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.06.21 21:03

ちょっと最近影の王国を読み返してます

榎木洋子さん、コバルト文庫のです。

昨日は夜中目が冴えちゃったので既刊斜め読みしてました。
最近は中世風味ファンタジーが多いので現代ファンタジーがちょっと新鮮でした。
一応最初の頃は学園ホラーだったようですが・・・・


お話としては、たぶん前にここで語っているとは思うのですがもう一度

赤い月を見てから瞳の運命は変わった。
月の影の王国から逃亡してきた王子、月哉と出会ったことによって。
月の王国では13年に一度王子が生贄になるという忌まわしき因習が存在した。
そして今年は月哉が逃亡してから13年目―
自身月の王国の血を引く巫女であった瞳と月哉の運命が今めぐりだす

とまぁこんなかんじでしょうか。


舞台が月に移動してからは完全にファンタジー

おなじみ守龍ワールド以外のファンタジーですが、実は大好きなシリーズです

私的にこの作品が元祖牛歩恋愛だと思うのですよ

まぁ、あくまで私のはまったコバルトの中でですが

シリーズ最後まで結局両思いなのにくっつかないし
つーか番外編でやっとお互いの気持ちを確認
読者側には互いの心情もろバレだったので本当毎回歯がゆかったなぁ
特に月哉の瞳への想いが!!!
月哉の描写がとってもいいのですよ~
瞳への想いに満ち満ちています

同作者の緑のアルダよりも恋愛方面バッチリです


こういうファンタジーっていう作品少女レーベルだと最近はあまりないですよね
今回ちょっと読み返してみてそういえば・・・と思いちょっと残念に思いました。
やっぱしその時代のニーズなんでしょうかね

今だとファンタジーなら中世風味な政略結婚を交えての騒動物だったり魔法とかあんまりない世界でのお話が主流なのかなって思って

たまに一から世界観をつくった作品を読むと今回みたいにガァっと一気読みしちゃいますね。

というわけで久し振りに影の王国を持ち上げてみました。

瞳のお母さんの連理さんも大好きです


最後に・・・・・
やっぱし私のパソとFC2、相性悪いみたい
さっきも案の定固まり・・・・今も絶賛かたまり中です。
つーか私のパソが古すぎるっていうのが原因ですかね
いい加減買い換えろよとか思わなくもないんですが、何せ資金がっ。。。。
ちなみに今は他のパソよりアップ中
しばらくはこっちからアップかなぁ
たぶん機能が変わったらしく・・・やけに重くなったんだよね
それにうちのがついていけず。。。な状態なのではないかと

あぁ凹みます


スポンサーサイト

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。