--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.08.08 21:07

待ってましたの最新刊

こっちも佳境に入ってます


リカがただしい火龍の長をえらべば龍の世界に争いがおき、水龍が絶滅してしまう
その事実をアシュトレーから知らされたリカは同時に自分の選ぶべき火龍の存在も突き止めた
だがあまりの衝撃を知ってしまったリカをセレイルは龍の島につれていき・・・・・・・・・・・


今回は懐かしい顔ぶれも揃ってます
抜群の占い師、アルダ・ココとその旦那様♪です
旦那さまことウルファですがなにやら結婚してたくましくなったのかのろけ方も板に入ってましたね。
というかあれはのろけというか天然というか
嬉しい一幕でした。
きっと村でもあんなかんじで過保護にしまくって某地狼さんとか話を聞いた女王さまにあきれられているんでしょう、きっと
あ、でも女王さまの旦那さんとかはうんうんとうなずいているかもしれない
守龍を得たコーサのその後がちょっとわかって嬉しかったです
他のシリーズとかなりリンクのある守龍ワールド舞台のお話は好きなのですが、挿絵が毎回違うので、他シリーズのキャラが別の絵師さんで挿絵はどうにも抵抗があったりします
今回もそれがめちゃでてきて・・・・
まぁミズベの守龍さんなのですが、オリジナルとかなり描写がかけはなれていたので一人ショックをうけてました
せめてそのシリーズの彼の外観に似せてほしかったなぁ
もうマジ別人だったのでかなしかったんです
そのシリーズも大好きだから、やっぱりそれはそれで思い入れもあるし、違う!!ってなるとかなり反応しちゃうんですよね
名前もちょっと最初の紹介のとき音がちがったし
こういうの、多分作者さんはあんま気にしないと思うんですが読み手のほうがきになっちゃったりなんかして
音が違う・・・・とかなんとか
まぁ、それはさておき本編です
リカちゃんさすがにへこんでます
そりゃ未来から龍がやってきて、あなたの選んだ龍のせいで大変なことになって私はそれを阻止しにやってきた~とかなんとかいわれちゃったら誰だってへこみます
その龍の意思を継いだアシュトレーが前々から用意周到に計画していたことが判明
ユウキの存在意義なんかもからんできたりして、アシュトレーの考え結構怖いです
そりゃお母さん息子守ろうとするはずだよ
いろいろな要因が絡まりあって結局ここまできちゃった感もありますね
つかりゅーまもリダーも過去と未来を知って・・・結局悲劇が・・・なところがあってそのたびに龍達も色々反省しまくったり後悔しまくって・・なところがあるのに随分な未来ではそのへんのことはわすれられちゃったのかしら??とか思ったり
行動を起こした風龍がセレイルの子孫っていうのも気になります
現在当事者、長に選ばれた火龍はとある場所で結界に守られ、見張られ?暮らしています。
リカちゃんも接触しますが、彼にも未来からきたと思われる龍がついてます
多分色々事情を聞かされているっぽいですが、その龍もどうやらセレイルと関係がありそうで
なにやら複雑にからまってますね
うごきすぎだーーーと叫びたい
榎木さんのお話は動くとなるととことん動くのでラストはものすごい駆け足です
でも本人はもとから7巻の予定とこないだ言っていました。
ラストで結構意見分かれたりもしますね(終わらせ方とかで)
さて、次巻どうなるのか???

そしてレンダルクのお誘いは果たされるんでしょうか??
こっちのが気になります
だってうちの王様と王妃様発言
トップシークレットを言っちゃいましたよ
ここはやっぱし登場してもらいたい!!
とくに王妃さま
彼女です!!アルダのときはリダーしかでてくれなかったから今度こそ夫婦ラブラブなところを
この二人も好きですー
外伝3巻の表紙とか、超いいですよね♪
榎木さんの書かれる恋愛描写はさわやかだけど、どのくらい相手を思っているのかを的確に書かれるのでよんでるこっちはジタバタしてます

あーひさびさにリダーロイスシリーズが読みたくなってきました。
図書館で借りようかなぁ

スポンサーサイト

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。