--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.08.11 20:29

Charaberrysをチェックしてきました~

公式サイト情報で中嶋さんの書き下ろし掲載ってあったので、気になって
作画監督の方との対談もあって、製作裏話がたくさん載ってました

アニメ版のこだわりは髪の毛とか瞳の透明感だそうです
細い線だときれいなんですが、原画は大変などというアニメの裏話も満載で面白かったです
そりゃあ大好きなキャラが動く~!!とかそういう喜びの裏にはスタッフさんの努力の代物があったりして

製作時間がもっとあれば~とかいうことなどもおっしゃってました

5月にはロンドンへ取材旅行も敢行されたようで、本物のヴィクトリアンなドレスなどを展示してある博物館にもいかれたそうです

やはり本家本元のイギリスにはそういった博物館があるんですね!!
いつかイギリスに行った時には是非とも行かねばです
服飾史って資料はほとんどイラストで、それもめちゃ古めかしいイラストだったりするのであんまりイメージがわかないんですよね
たまに載ってる写真にときめいてます

いいなぁ、ヨーロッパ
燃油サーチャージ料、56000円くらいとか見るとかなりへこみますが

そんなこんなで10月が待ち遠しい伯爵と妖精
設定画でトムキンスさんが早くみたいです



そして!!!
中嶋さんのエドリディはというと・・・



やばい!!!!!

艶!!の一言

なんだってあんなにも色っぽいんだ二人とも

中嶋さんらしいイラストなので原画ではないんですが、それでもやはり美しいです

このイラストのために本買おうかと真剣に悩みました
それくらい素敵っ
二人の密着度といい、リディアの表情といい!!!
マジヤバイです
可愛かった・・・

前置きが長くなったけど今日一番叫びたかったのはココです
スポンサーサイト

タグ : 伯爵と妖精

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。