--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.20 18:40

学園アリス、その他ネタばれ感想です~

ではでは


学園アリス
前号で、ある意味衝撃的な出会いをした柚香と先生
年の差12歳であることが判明★
そして先生はやんちゃだった・・・・
なんかね、今までの回想シーンみてる雰囲気では落ち着いた大人って印象だったんだけど・・・
過去編ではやんちゃです
ほんとにあの回想の人ですか??ってくらいになんか印象が違うよ
なにせ着任のあいさつがワンマンショー
そしてさりげなく神野先生と同期であることが判明
年齢不詳、小等部の七不思議かと思ってたらちゃんとふつーに新人だったよ
そしてそして!!!校長、年上バージョン
普通に大人だったんだよ、19年前は
どうやら柚香が学園をでるときにあの姿にしたらしい
どうやらたくらみをいだいてるらしく、彼のたくらみを中断させることに成功したのが柚香
大人な校長はなんかもう、まんまって感じ
なにに利用しようとしているんだか・・・・、その野望も気になるところだけど
今まで黒幕、一番やっぱいやつ~とか言われててもなんか見た目が子どもなんでいまいちピーンとこなかったけど
確かに、普通にあの姿なら納得
やばそぅ、ってかたくらんでそーーーな気ぃ満々ですから
まぁそんなわけで、瞬間移動のアリスをもったいたって普通の生徒。
ただし脱走癖あり(親から見捨てられ派にありがちな自己顕示欲と先生には見られている)な柚香のまさに脱走するぞ!な瞬間にまた立ち会ってしまった先生
彼女の意外で、だけどまっすぐな理由を知って・・・・・
さて次回へ続く(次掲載は一月後ですが)
物語すすんできましたね~
読者も蜜柑たち視点なので野田っちの説明が身にしみます
校長とか校長とか!!!!
やっぱり学園アリスは面白い

SA
光はやっぱし最強
滝島ファイト!
だけど滝島の泣き所はやっぱし光なわけで
光の行動の先にもやっぱり滝島がいる
なんか最後の舞台シーンにあてられてきました
滝島のやきもちがかわいかった
竜にぐちっちゃうところなんかも含めて
言わずにはいられない・・・・そんなところか

今日も明日も
いやぁ、やきもちを盛大にやきまくる稜が面白い
ついてきちゃったよ、この人な状況
まんま王道をつっぱしってます
理性と煩悩の間を悩みまくってる間に夏澄がポイントを稼いでいくという・・・・
だってね、あのマコトの息子だよ?
そりゃぁさりげなく褒めるし、いろいろ強いさ
なにしろマコトの以下同文・・
なんかWジュリをみているようだった、なシーンが多々
ああ血は争えないねぇ
でも最後の最後に無垢な笑顔を向けた先は稜なわけで
さてその想いどこまで自覚したことか


さらりと気になった所だけ書いてみました
量的に学園アリスが一番多いですが・・・

そろそろ伯妖マンガ版も第2回ですね
どこまで進むのか楽しみ♪
あと来週はついに先行放送だ


スポンサーサイト

テーマ : 少女マンガ全般 - ジャンル : アニメ・コミック

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。