--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.09.28 20:00

この半年間、あっという間でした

ひたすらかけ続けた6か月
毎週驚かされて、叫んで、30分観終わった後の脱力感といったら

というわけで最終回です
放送終了後また最初っから観て、Bパートを再び観て

涙が出ました
ルルの最後に


ナナリーが瞳を開いて、「8年ぶりにお兄様の顔を見ました。それが人殺しの顔なのですね」
(たぶんこんなかんじ)
凛とした声でルルを断罪する姿が切なかった、いや、なんかもう悲しすぎて
ルルはなにも言わないから
自分の決めたシナリオを完遂するために何も言わない
ナナリーの前でも仮面をつけたまま
そしてナナリーの断罪が虚空を貫いて
ダモクレスのカギを、フレイヤの発射を自らしていたこと、世界の憎しみをダモクレスに集めることをルルに述べる
ナナリーの強さ、決意
自分からの巣立ちに安心したのかルルはついにナナリーにギアスを使う
ユフィのときみたいに抵抗を示したナナリーもギアスの力の前に屈伏し鍵を渡す
ナナリーの我に帰った時の悲痛な叫びと断罪
最後まできっとルルを信じたかった
けれども現実がそれをさせてくれず、ルルからの言葉もにべもないものばかりで
ナナリーが何があってもルルの味方であってほしくて、いままでの話をルル視点で追ってきた私はやっぱりルルのやさしさと悲しさをナナリーにわかってほしくて
ナナリーのセリフがこたえた
鍵をもったルルは全世界へ告げる
そして2ヶ月後
先の戦乱で捕まった反逆者たちの処刑をするべくパレードをする皇帝、ルル
世間、民間人たちはルルを当然のように独裁者と憎む
そこえあらわれたのは仮面をかぶった人物、ゼロ
人間離れした動きであっさりルルの前に立ち、剣をつきつける
生きていたスザク
ここでゼロレクイエムの全容があきらかに
すべての悪が憎悪がルルに向けられてゼロがそれを倒す
世界は明日を手に入れる
やさしい世界へと変わっていけるはず
それがルルの決意
やろうとしていたことだった
刺されてスザクに言葉を残したルルは最愛の妹ナナリーのもとへ転げ落ちる
手を握って、すべてを悟ったナナリーはルルに最後の言葉を
その言葉を聞き妹の元で息を引き取るルル
コーネリアや民衆らの叫びの中で響き渡るナナリーの鳴き声
「お兄様がいてくれたら・・・」
「ずるいです、お兄様」
世界は明日へ
やさしく変わっていけるはずだから
他人へやさしくなれる世界へ



ほんっと全然予想してなかったのでまさかルルが亡くなるとは!!!!
あの刺されるとき、あの回想がホント長かった
なんだかもういいたいこととかありすぎて何を書いたらいいのか・・・・・
最後どうしようもないくらい悪者に徹したルル
黒の騎士団も世界もを敵に回して、だけど真実は伏せたまま見事に引いてみせたルル
処刑上に現れたゼロをみてすべてを悟ったカレン
ルルのやりたかったことがカレンにわかったよかった
きっとあのスローモーションでアップになったルルに近しい人たちにはルルの真意が伝わったはずだと私は思いたい
そう思わなかったら悲しすぎる
きっとカグヤだって最後までルルを信じたかったはず
CCの言葉がホントなら、彼女もきっとルルの優しさをすこしは知っていた、信じたがっていたと思いたい
カレンのあれはゼロ!と言ったときの涙にあふれた表情がたまらなかった
ルルのことで泣いてくれてよかった
歴史上ではもっとも卑劣で最悪な独裁者というレッテルを貼られて、後世につたえられていくのでしょうが、せめてルルの愛する人には真実をしってもらえてよかった
ナナリーの最後の表情も鳴き声も切なくて、悲しくて
けれどナナリーには分かってもらえて、愛してますと言ってもらえた
ナナリーにとっては最後の最後で兄のやさしさに触れられた真実を知れた、だけど
兄は一人で決めて自分にも嘘をついて一人で完結させてしまって
そのなかに自分が入り込む余地なんかこれっぽっちもなくって置いていかれてしまった
ナナリーが自分の意志で歩いているから―だけど悲しい
たしかに一番引き際がいいのかもしれないけど
ルルをずっと見てきたからやっぱり生きていてほしかった
これだけのことをして自分はナナリーとひっそり幸せに・・・とはやっぱりいかないんだろうけど
とても強くて悲しい皇帝がいたことをどうか忘れないでほしいです
やさしい世界が続いていってほしい
学生に戻ったカレンのことをきっとルルも喜んでいると思う
今度は猫を被らないで素のままでいけよ、とか思っていたり
オレンジ畑をたがやすジェレミア・・・・・
スタッフー!!!
なにげに式まであげちゃった扇とヴィレッタ
コーネリアやカグヤたちはどうしてるのかな
きっとあの戦いをともに近しいところで経験した人たちがいるかぎり世界はやさしくなれると思う
カグヤとコーネリアたちが談笑しているところなんかもみたいな

きっと小説版でキャラ心情などを補完してくれると信じてます

ここまできれいに完結させたんだからきっと続編とかはないだろうし
あったとしても主人公はたぶんまた別になるだろうしね

なによりもルルはやっぱり一人だし
この半年間、ううん
最初にギアスを観て衝撃を受けてはまって疾走してきたテレビシリーズ
スタッフのみなさんありがとうございました
ここまではまったアニメは本当久しぶりです

こうやっていろいろ考えたり感情移入したりするから物語って面白いんだと思う
スポンサーサイト

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : コードギアス反逆のルルーシュ 感想

| コードギアス関連 | コメント(1) | トラックバック(1) | |

この記事へのコメント

コードギアス最終回

どーも、大福です。

セーラームーンのことじゃないですが、コメントさせて頂こうと思います。
私もコードギアス見てました。毎週楽しみにしてました。
最終回、終わってしまいましたね・・・。
“ハッピーエンド”なんでしょうけど、切な過ぎますよね・・・・(涙)
私的にはルルーシュには生きていて欲しかった。幸せになって欲しかった。
スザクとのやりとり、ナナリーの言葉で、泣きそうになりました。。。
良いアニメでした。大好きでした。

| 大福 | URL | 2008.09.29 00:02 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) コードギアス 反逆のルルーシュ R2 第25話 「Re;」
コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume03 ゼロレクイエム。すべてははルルーシュとスザクの約束の為に。さらばルルーシュ、ゼロ最後の日!?さよならスザク、さらば戦いの日々そして・・・コードギアス最終回!万感の想いを胸に全力で刮目せよ!

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人  2008.09.29 13:41

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。