--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.11.06 23:24

新刊感想ですっ

本編再開待ってました~
だけどこれでまた怒涛の展開だったらマジせつなすぎーーーーーーと内心ドキドキだったんだけど
今回はちゃんと区切りついててくれたからよかった

ほんとよかったよー


フィルチリースの刃をあび、マッキール家での治療を余儀なくされるリディア
一向に帰ってこないリディアらにしびれを切らしたケルピー、ロタ、ポールらも動き出す
一方エドガーはリディアの治療薬を求め、あるじの泉を探しだすことを決意
けれどもそれはプリンスへと近づくという行為でも有り、それを知ったリディアはある決断を・・・


今回は前回でなかったキャラたち大集合
ニコも大活躍
葛藤がたまりません
ロタやポールも登場してくれないとね、な回だとおもう
とりあえずニコが帰って来てくれてよかった
リディアへの愛情をとても感じたよ
薄情なだけじゃなかった
しかもニコのもっていたブラッドストーンが実はあるじのしずくで預言者に続く重大な魔力のかたまりだったことが判明
そしてやっぱり預言者はアウローラが起こしていた
19年前、リディアを取り戻すときに
お母さんがやはりからんでいましたね
預言者から彼女は何を聞いたんでしょうか
ニコにブラッドストーンをたくした意味とは
リディアもいずれこのことは知るんじゃないかと
パトリックは相変わらずむかつきます
そりゃあもう、思い切り
まだリディアを諦めていない様子
いっそ天晴なくらいなわるっぷり
つーか相思相愛な二人を邪魔するヤツなんてわたしは気に食わないんじゃーーー!の一言です
ファーガスは率直にまっすぐにリディアへアタック
リディア的には好感みたいだけど、エドリディ前提だからね
レイヴンの牽制の仕方も笑った
「エドガー様が真剣になって1年以上もかかったんです」発言はすごい
今回、エドガーは土壇場でプリンスの記憶、彼への近づきを回避したわけで
リディアが一緒に堕ちるとまで言ってくれた言葉にはっとした
幸せにしたいのに一緒に堕ちてはいけない、と
プリンスに近づくじゃなくてなんとか切り抜けられてよかった
エドガーの中でも色々かわったところがあったみたいだし
まあ、今回はニコのもっていたブラッドストーンがあったからともとれるわけですが
リディアが飲み込んだことで物語がどう転ぶのか
舞台はしばらくヘブリディーズ付近から動かなさそう
だけど!!
次くらいでさっさと結婚くらいはしちゃってくださいっ
式くらいあげられるでしょ
もうちゃっちゃとやっちゃわないと、なんかまだパトリックとか諦めてなさそうだし
せめて書類上くらいではエドガーのものにしちゃってください

そうそう、某掲示板でも書かれている方がいらっしゃいますが、私的にもやっぱり某魔女の結婚と話的に繋がっていたらいいなあと思ってならない
預言者がマティアスとかさ
なんかね、つい考えちゃう
そうだったらいいのになぁーって


おんなじケルト系のお話だし


ざっと、さらーっとの感想になってしまいました
まだ描き足りないことがあるのでちょくちょく補完していきたいです


スポンサーサイト

| 伯爵と妖精 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2008.11.30 17:58 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。