--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.02.08 18:12





やっと、やっとの結婚式
表紙からしておめでとうムード満点
帯だって負けてはいない
編集部あげてのお祝いムード

今回はホント表紙から感慨深い
エドガーに寄り添うリディア
もちろんウェディングドレス
純白に新郎新婦が寄り添い・・
表紙でごちそうさまだもん

とにもかくにもおめでとうリディア!!

さて本編のほうはというと・・・

結婚式がただの結婚式で終わらないのが伯爵と妖精
トラブル続出で大ハプニング
リディアの心も大荒れ模様
両思いだから考えちゃうこともあるようで・・
というか直前までドタバタトラブルだらけだったからマリッジブルーが式にきちゃってかんじ?
読んでるこちらとしては、リディアがそこまでエドガーラブになったことにジーンときた
1巻からじゃ想像つかないよね
まさかあの出会い方と口説き魔っぷりでここまでふたりラブラブになるとは
エドガーのリディアラブは今に始まったことじゃないけど、でもやっぱ二人のシーンを見るのはうれしい
けど絶対結婚はまだ先かなーとか思っていたからちょっと驚き
シリーズ完結は結婚式でしめるのかなーとか思っていたし
これからリディアは、ミセスアシェンバートとか、アシャンバート婦人とかって呼ばれるんだよね
なんかその記述だけで顔がにやけそう
夫婦設定慣れないとなー

結婚話が長くなってしまいましたが・・・

今回の妖精たちが可愛かった
意地っ張りなのに構ってほしい6人目さんとか
初夜の魔法はいったい何人の方にかけてきたんだろう
そんな魔法が普通にあるのが素敵すぎる
けど男性なら誰でも効果てきめんってどんだけ適当なんだっ
過去それで喧嘩になった夫婦もきっとエドリディだけじゃないとか想像してみる
そんでもってケルピー
「まあいいさ、結婚したって俺はおまえのものだからな」
って発言が!!!
さわやかに言ってるところに悶えた
おまえのもの発言!!
しかもクレアがいるまえで
その直前の発情期発言も盛大に吹いたし
そうか、ケルピーはリディアのものなんだね
ってことはリディアとエドガーは夫婦なんだから、リディアのものは僕のものとかそんな発言が飛び出してきそう
リディアの侍女になるならケルピーとか妖精への耐性もつけなきゃだから大変
クレアの前でのリディアの青ざめ加減が想像ついちゃう
さぞや青くなったことだろう、と
その点、ケリーがきてくれることになったからよかった
ケリーはまだイラストで登場していないので早く観たいな
想像としてはロタみたく元気のいい系かな、やっぱ
ロタとポールのからみがちょっとあってうれしかった
ロタはまったくもってポールを意識していないみたいだけどポールはそんなこともないのかな?
レディ扱いしているし、そのあたりをいつか番外で読みたい
みんなに祝福されて、の結婚式
エドガーの策士っぷりも披露
妖精相手の駆け引きならエドガーも負けてないってところでしょうか
つかそれほどまでにさっさとリディアと結婚したかったと
ああでも教会の結婚式っていいですよね
真っ白なタキシード(たぶんそんな感じの礼服)で、新婦の前で永久の愛を誓って
結婚式は何度か出席したんだけど、厳かというか、あの静まり返った中での儀式は感動ものです
あこがれずにはいられないってやつですね
結婚式を挙げたリディアを待っていたのはエドガーの浮気疑惑
つか式あげてなにをやってるんだっ
エドガー、相変わらずというかもっと違うところでやれっ!
このへんはリディアを全面的に支持
そりゃあリディアだって怒るし、実家に帰りたくもなるよ
余裕がなさ過ぎてエドガーも普通に怒るし
エドガー何をやってるんだ
それでもリディアはエドガーと一緒にすごしたいとけなげに思って妖精に魔法をかけてもらう
リディアの気持ち変わったなって思う
本当にエドガーのことが好きなんだよね
だから一緒にいたくて藁にでもすがる気持で魔法を乞う
結果余計にこじれたんだけど
そのあとのポールの発言が///
みんなとりあえずなんかあったってわかっているのにあの発言
そんでもってレイヴンの「なににつられたんですか」
もウケた
そんな身も蓋もない
けどそんなレイヴンが大好きだ
ニコと友情を深めたくてニコの好きなものをとりあず好きになってみたり
リディアのためにエドガーの誤解を解きたくて墓穴をほってみたり
感情表現が豊かになって食器を滑らせてみたり
行動が可愛すぎる
伯妖メンバーのやりとりとかがほほえましすぎて好きすぎ
いいなぁ、ほのぼの
エドガーも大好きだよ
「火がついてしまった」とかその後のいろいろとか
「誰もとりつがないでくれ~」で通じるトムキンスさん素敵すぎ

とにかく今回は結婚式+ドタバタ要素が多くって楽しかった
ケルピーも活躍だったしきっとこれからも積極的にリディアを助けてくれるはず
ロタもたくさん登場してくれてうれしかったし
エドガーとの掛け合いとか大好き

あと、今回はユリシスがでてきたね
おとなしくしてんのかなぁとか思っていたらなにやらいろいろ手をまわしてるみたいで
これから何を起こすのか
黒ミサはどうにかなったけど、司教さんと組んで何をするつもりだ
次回からはまたプリンスの記憶、ユリシス、マッキール家関連が絡んでの展開かな??
一応どっちも今のところ決着がついてる状態だから展開が読めないなぁ
次回につづくーーーっ的な終わり方だったらこれはこれで気になってしょうがないんだけど
新刊早く出ないかなぁ

あと、花咲く丘のリトルレディの方も気になっちゃったりなんかしてるからそっちもお願いします

スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

タグ : 伯爵と妖精 感想

| 伯爵と妖精 | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2009.02.09 21:39 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2009.02.10 04:09 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。