--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.02.26 21:28





有川浩さんは初めて読みました

結構前に話題になっていて
甘めのお話が好きな人推奨本だったので図書館で予約待ち

ようやく
ようやく読めたよっ

うれしくって帰りの電車で読み始めたら・・・
止まらなくなっていた

阪急今津線を舞台にしたオムニバス形式
だけど登場人物たちが少しずつすれ違っていて、みんなのつながりなんかもみどころ
しかもっ!!
登場人物たちの恋の描写が巧みでまた私好みっ

一人称形式もすんなり入ってくる、私好みの文体とテンポ

文学少女シリーズ以来の快挙っ

もちろん今読んでる狼と香辛料もよいのだけれど

なんですか、もう
電撃出身作家さんは私をどうにかしたいのか
壁井ユカコさんといい、有川さんといい、とらドラに狼と香辛料・・・・

さすがはラノベの重鎮だ


なんというか、恋のしたくなる本です

いいなぁ恋って

そんな風に思わせてくれる本

あと人ってつながってるんだなって

些細なきっかけが交流を生んで
そこから始まる誰かとの物語

素敵です

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 小説・文学

| 漫画・その他小説 | コメント(1) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2009.02.27 03:28 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。