--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.05.14 21:30






ひさしぶりに感想を


ビーズログ文庫、山咲黒さんの本です

童話のお姫様たちを主人公にしたファンタジー
有名な物語をアレンジしてあるので入りやすいかと思います

なんと白雪姫とシンデレラと眠り姫が一気に登場
大集合です
当然王子も三人でてきます
それぞれ性格が若干黒いです
姫たちもなにげにいい性格してます
童話にあるようなひたすら受身でやさしい世間知らずなお姫様、なんてのじゃないです
けど、そんないい性格な主人公たちの織りなす恋模様と魔女との対決がお勧め
恋は突然に、そんな言葉がぴったりなくらい作中シンデレラの相手役の王子がころっと恋の病に落ちるし
普段牛歩恋愛至上主義な私的には大丈夫か?とか思ったけど、そもそもシンデレラの王子って踊った間しか一緒にいなかったのに突っ走った、そんなしょうもない人だったじゃんっ!!とかいう先入観のおかげかまったく気にすることなく読めました
てかあまりの変わりようにある意味あっぱれ
理性と欲望との間でプチ葛藤するところがよかった

話は前後編で終了とか思っていたら、なんと
今月新刊で続編が出るみたいです
さっきみつけました





これです、これ

なんか表紙で若干ネタばれな気もしますが・・・
そこはあえてスルーな方向で(汗)

あの三カップルの行く末なので楽しみ



そうそう、作中の世界観はめちゃ西洋ファンタジーなのに、登場人物の名前がみんな日本風の漢字の名前です
そんなギャップもまた面白い

シンデレラは作中、早苗さんです
白雪姫が珀蓮で、いばら姫がしらね(すみません、漢字忘れました)


作者さんによるあとがきの王子への突っ込みも素敵でした
たしかにー、とかついうなずいちゃうようなことが多々あって

スポンサーサイト

| 漫画・その他小説 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。