--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.06.10 13:40

本棚の整理ついでにコラフェリシリーズを再読中です

ご存じコバルト文庫の名作、お人よしコラリーと思考連動型垂れ流しの口をもつフェリックスの事件簿です

ずぅっと本棚の奥にしまっていたせいでかなり本が傷んでいて、ショックですが読みだすと止まらない

つか準備の合間に何やってるんだ、って感じだけど

作者さんのホント大好き要素を詰め込んだ作品なので、作中からも楽しんで書いているのが伝わってくる作品です

元祖超束縛男子だと思うフェリックス

思ったことは全部垂れ流しな分エドガーよりわかりやすくていいかもしれない


やはりこの作品の見どころはフェリックスの暴走と華麗な大悪党シュシナックでしょうか
なので私的には本編が一番で、続編のハネムーン編はおまけのような感じ

やっぱね、シュシナックが登場しないとこのシリーズは語れないんだよーーーっ
ってところがあるからでしょうか
どんな形でもいいからまた再登場しないかな、シュシナック

スポンサーサイト

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。