--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.05.07 20:38

見上げれば

いつもよりも大きく見える月がそこに

「月はね、地球に恋をしちゃって、会いたくって、会いたくってどうしようもなくて…」

ぎゅっと、まるで子供が宝物を抱くかのように、彼女は隣の恋人の腕をにぎりしめて

「だからね、今日は特別なの」

彼は彼女の言葉を優しく受け止める

「地球にこいをしちゃったから、近くに行きたくて」

「ん」

「…私もだよ、世界で一番まもちゃんのこと愛してる」

小さく小さく付け加えたその言葉はきっと彼女の口の中だけでそっと呟いたもの

「俺もだよ」

けれどちゃんと彼はその言葉を知っていて

優しく優しく返す

同じ言葉を

大きな月が二人を照らし出す

月が照らしだす二つの影はぴったりと寄り添い、そして一つになる


あとがき☆☆☆

めっちゃ久しぶり!
何年ぶりかのまもうさ小説
昨日はスーパームーンだったんだって
うわー夜は基本外みないさ~
なので勢いで書きました
スーパームーンなんて二人のためにあるようなものではないですか!!
最近またまたセラムンアニメ観てます
どうやら2,3年に一度ぐわーっとアニメを観たくなる周期がめぐってくる模様
そして彩雲国物語も読み返してみたり
外伝新刊読みたいよう
スポンサーサイト

| セーラームーン | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。