--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2012.07.23 18:25





幸せな二人に幸あれ!!!

コバルト文庫のヴィクトリアン・ローズ・テーラーシリーズです♪
ご存じイギリスのヴィクトリア時代が舞台のラブロマンス
というか、乙女系男子シャーリーの恋日記といったほうがいいか

とにかく最後までシャーリーには突っ込みどころが満載というか
シャーリー万歳というか
ともあれ幸せになってくれてよかった
クリスはどんどん成長してたくましくなっていくのに巻を追うごとにシャーリーが乙女になっていくのは気のせいか
たぶん本人は否定するだろうけど、シャーリーの乙女思考がこの話のだいご味というか

ああごめんね
別にヴィクロテが好きじゃないとかじゃなくって
大好きなの!
大好きなイギリスが舞台だし、ドレスはきれいだし、ヴィクトリア朝の話大好きだし
登場人物も魅力的で

私的にはコーネリアさまが好き
モアティエ家の姉妹がお気に入り
アップルの恋の行方というか、彼女の決着が最後の心残りかな
もちろん大好きな話なので今後の登場人物の人生というか、先々が気になります

そして過去イギリスに住んでいた身としてはいろんな地名が出てくると萌えます
二人がよく利用していたウォータールー駅は私も南に行くときに利用したし
そうすると、リーフスタウンヒルってイギリスのこのへんかなぁとか想像してみたり
パメラのお父さんの家があるチェルシー地区もとっても素敵なところ

ポッシュエリアですね~
大きな家が立ち並んでいるし、東側とはまったく雰囲気が違って、THE英国って感じ

リージェンツパークとか、セントジェイムズ地区とか
次ロンドンに遊びに行ったときはきっと、この辺をシャーリーとクリスが歩いていたのかなぁなんて
思いながら歩くのも楽しそう

それにしても相変わらずなシャーリーで一安心です
アントニーも幸せになってほしい
スポンサーサイト

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。