--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2014.02.02 10:23





遅くなりましたが年末に発売された伯爵と妖精番外編の感想を投下します

待ってました!の本編終了その後編
もちろんハッピーな展開には間違いないけれどやっぱりそれでもいろいろと気になるんだもん
しかも番外編発売される~っていうのは書いてあったけど具体的な情報が全く出てこなかったし
夏かな??
あれ、違うの??
だったら秋??
うーん…やっぱり年末かな…

とかしょんぼりしていたらやっと情報が上がってきたのでめっちゃ舞い上がったよ
前回のヴィクトリアンローズテーラー番外編がまさかの海外旅行中発売日でぶっちゃけ気になって仕方なかったから
今回はちゃんと出発前に買えてよかった


「うさぎ帽子の内緒の話」
ちっちゃいリディアちゃんがめちゃくちゃ可愛いっ
優しい両親とおばあちゃんとニコに囲まれた小さいころのリディアのお話
あとがきで作者さんが書かれているように、児童書のように心温まるふわふわしたお話
ちっちゃいリディアちゃん、昔っから今の感じで可愛いなぁ
ニコもなんだかんだでリディアのことを心配してて
最後のアウローラさんの言葉に愛を感じました
愛されて育ったリディアだからエドガーのこともしっかりと受け止めたし最後まで人のために
何かをするっていう子になったんだなぁ、と
リディアのフェアリードクターとしての最初のお仕事ですね

「極上のパウンドケーキはいかが?」
あまーい伯爵家のケーキ騒動?といったかんじでしょうか
妖精はリディアのパウンドケーキが食べたいんだ7

ってあんたもでしょうが
とかいう突っ込みはさておき…
ほのぼのな伯爵家の日常がかわいすぎます

そして15分ごとにリディアの様子を聞かれる伯爵家執事…
ファイトです
ひきますな、っていうセリフが面白すぎ
いろんな人をドン引きさせる若き伯爵ドンマイ!

「春をまちわびて」
雑誌掲載時はまさかの夢オチでえええええぇぇっ!!ってかんじでしたが、単行本収録にあたって加筆修正された模様
アルヴィンが生まれる前のお話
あいかわらずというか、エドガーってやつは…
と思わずにはいられない
というかエドガーってはお父さんになるのにそんなへたれっぷりでよいのか??
私も根が庶民なので物持ちがよくて何が悪い!なほうに一票

おなかの中のアルヴィンに心配させないように残りの日々はあまり喧嘩しないようにとエドガーにくぎを刺しておきたいです
ここの夫婦の中違いの原因ってだいたいはエドガーの狭量っぷりから始まっている気がする



長くなったので次回持ち越しします
(というか次からが本番な妄想交じりの感想になりそう)
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

| 伯爵と妖精 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。