--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2007.10.09 12:14



なんとなく、投稿用で。
次は何描こうかなぁと考えてたら目に入ったのが王宮ロマンス革命。

たまたま図書館で借りてきてたのね。
コバルト文庫 藤原眞莉 王宮ロマンス革命シリーズです。

主人公のエヴァとラ・コット伯爵を。
現段階だとエヴァの心のうちってこんな感じじゃないのかなぁってイメージしながら描きました。

色々作品のことも語りたいので先ずはイラストから。
葉書サイズ、コットマンの多分荒目だった筈。
細目ではないです。にじみ具合がハンパないんで。

今回は、背景から塗ってみた。
薄い色をつくって水でがぁぁってぬらした後、主線とか気にせずに色を落としていきました。
薄い色だったらあとから濃い色のせてけばある程度消えてくれるしね。
だから背景と線との間に溝ができずにぬれて満足。
全体的に淡い雰囲気だしたかったので今回は薄く塗れてお気に入り。
男性カラーも初かもしれない

さて、描いた王宮ロマンス革命は架空の舞台です。
でもイギリスとフランスをモデルにした世界観なので19世紀末のヨーロッパな雰囲気がたくさん出ていてとっても素敵。
前作姫神様~とは180度違った世界観だけどお気に入り。

図書館だとなかなか借りれないのが難点なんだよね。
実は隣の市で借りているので予約システムが使えないのです。
(うちの市よりライトノベルが超豊富)

主人公のエヴァは王女様。
退屈姫たれという父の言葉に従って日々退屈な日々を過ごしていたがあるとき隣国から訪れたラ・コット伯爵と関わって自分の隠された能力と秘密が明らかになって・・・・?

というお話。
ラ・コット伯爵のイヤミっぷりが面白いです
藤原さん得意ですよね。こういう一癖以上あるキャラを動かすのが。


最近ドレスが描きたくってこないだ図書館行った時一緒にヨーロッパの服飾史の本をいくつか調べてきました。
やっぱ19世紀といっても年代によって流行ががらりと変わってます。
よくラノベやファンタジーで見かける挿絵は結構書き手の趣味も混じるんだなぁってちょっと思いました。
でも私的には挿絵で見かけるドレスのが好きです。
というかイラストで掲載されている資料画があんま好きになれない・・

そりゃぁね、資料なんだから絵に文句いっちゃいけないけどさ
好みのイラストじゃないんだもん。
想像力が湧かない。特に男性・・・・・・

あ、でも写真入のドレスはとっても素敵でした。


以下コメントお返事です。
いつも有難う御座います。
拍手もいつも有難う御座います。ただ、恥かしがり屋さんが多いのかコメントなしなので余裕があれば一言いただければ幸いです。
これからもよろしくお願いします。


皐月ひでやすさん>
イラストへのコメント有難う御座います!
自分の塗ったものにコメントいただけると本当に嬉しいです。
カボチャの色褒めていただいて有難う御座います。
かなり頑張ってぬったので嬉しいです。やっぱりハロウィンは定番ですがそれだけにこの季節外せないですよね。
スポンサーサイト

テーマ : 自作イラスト(二次創作) - ジャンル : アニメ・コミック

| コバルト文庫 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。